【ニャー その参】トラ猫の小太郎 - 谷中ニャンダフルライフ

ブチ猫のモーを追いかけて、軒先を見上げれば、そこには、トラ猫の小太郎がいました。でもね、しばらく見つめあったけど、小太郎はびくともしない。

トラ猫の小太郎:「どうせ来ないでしょ、こっちまで来ないでしょ」

僕:「うん。じゃあね」

と、またトコトコ歩き始める僕なのでした。

谷中は入り組んだ迷路のような街ってこのあいだ話したけど、同時に坂の街でもあります。
本郷台地と上野台地に挟まれたその谷には、本郷通りを底にして、たくさんの坂があるのです。

猫的にもおすすめなのが、三浦坂近くのあかじ坂。坂の上から千駄木に向けてまっすぐに抜ける道は、朝もおすすめ。ここに広がる空には、群青色の青い朝から美しい朝焼けに変わる様子が圧巻なのです。近くには、Y字路にあるヒマラヤ杉も!

このヒマラヤ杉は、「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれた街のシンボル。みかどパン店の横にあります。

道を歩くのは楽しいけれど、猫にとって、道は道だけじゃないんです。え? どういうことかって? 例えばこういうことです。ハチワレ猫のトン吉みたいな!





ニャー そのⅣ】につづく。

写真:川瀬一絵
島根県出雲市出身。忘れっぽいことへの焦燥感から写真を撮り始め、些細な体感を収集するように撮影を続けている。
近所や訪れた先々で適当に散歩して道に迷うのが趣味。
http://yukaistudio.com/?cat=22

WRITER

この特集について

谷中ニャンダフルライフ ― 2018年4月特集

こんにちにゃ。気付けば猫になっていました。東京は東の里、谷中に住んでもう5年になります。この街は、西日暮里、上野桜木から、そして千駄木、根津から谷中へとかけて、文字通り「谷」になっていまして、僕はもう、そこの谷にハマってしまい、抜け出せず...

気になるコラム