【ニャー その弐】ブチ猫のモー - 谷中ニャンダフルライフ

「春はあけぼの、谷中は猫のもの」とでも言っている(ような雰囲気の)、金ピカの岡倉天心に挨拶すれば、路地裏散歩もはかどります。僕ら、谷中の猫の特徴は、とにかくマイペースならぬ、ニャイペース。

僕がまだ人間だった時、谷中は人間にとっても狭い道がくねくねと、すれ違うのもやっとなんてね、そんな街ですが、猫になれば愉しさ100倍、猫は顔が入れば大抵どこでも入れますから、ニャ! ニャ! ニャ! と、どこへでもいけちゃうんだな、これが。

そんなんで、今日もグググと、ヨヨヨと、ふーらふらと歩いていれば、目の前に、一匹現れる!

その猫、ブチ猫のモーは、僕ら猫に対しても警戒心丸出しながら、追跡を開始。

ブチ猫のモーはトコトコゆくね。と、あれま、気づかれた! 得意のー、ジャンプ! でも……目線を上げると、そこには……!

あれれ?

あれれ?

あれれ?

……そういえば、

(10分前に戻る)

!!!!!!!!!

!!!!!!

!!!

居た!

……あ、あれは、トラ猫の小太郎だ!

ニャー その参】につづく。

写真:川瀬一絵
島根県出雲市出身。忘れっぽいことへの焦燥感から写真を撮り始め、些細な体感を収集するように撮影を続けている。
近所や訪れた先々で適当に散歩して道に迷うのが趣味。
http://yukaistudio.com/?cat=22

WRITER

この特集について

谷中ニャンダフルライフ ― 2018年4月特集

こんにちにゃ。気付けば猫になっていました。東京は東の里、谷中に住んでもう5年になります。この街は、西日暮里、上野桜木から、そして千駄木、根津から谷中へとかけて、文字通り「谷」になっていまして、僕はもう、そこの谷にハマってしまい、抜け出せず...

こっちもおもしろい

気になるコラム