エジプトより愛をこめて。オフィス街の新しもの好きたちへ ― ケータリングカー「エジプトめし コシャリ屋さん」

突然ですが「コシャリ」という食べ物を知ってますか?

それは、エジプトでは誰もが知る国民食。「コシャリ」は現地の言葉で「混ぜ合わす」という意味で、米やパスタ、豆、ニンニクフライなどが入った「ごちゃ混ぜ」な料理なのだそう。

屋台

数年前、エジプトに旅行した私。本場のグルメを満喫しようと意気込んでいましたが、旅の終盤でお腹を壊してしまい、楽しみにしていたコシャリも食べられず無念の帰国……。

ところが最近、東京で本格的なコシャリが食べられると聞いたのです。その名もズバリ「エジプトめし コシャリ屋さん」。1か所に店舗を構えず、さまざまな街にケータリングカーで出没するお店です。Webサイトを確認し、六本木を訪ねてみました。

屋台

複数台のケータリングカーが停まっている、その中の1台がお目当ての「エジプトめし コシャリ屋さん」です。開店時間の少し前に訪ねたのにもう行列が。

ケータリングカーの中でお店を切り盛りしているのが店長の須永司さん。調理も接客も同時進行でてきぱきこなしつつ、会計のやり取りやコシャリを手渡す際にもお客さんへの笑顔は絶やしません。

コシャリ屋さん

コシャリ屋さん

チキン入りやラム入りなど、豊富なメニューがそろっていますが、今回は定番の「コシャリ」(650円)を選びました。

ご飯やマカロニ、ヒヨコマメの上にはトマトソースが。見たことのない組み合わせにドキドキしながら、お好みでかけられるホットソースとレモンソースをひと振りし、よくかき混ぜていただきます。

コシャリ

トマトソースがかかっているので、ご飯はケチャップライスのような風味。ふにゃんとしたマカロニ、コリコリのヒヨコマメ、サクサクとしたフライドオニオンなど、いろいろな食感が共演しています。初体験の味わいなのに不思議と食べやすく、あっという間に完食してしまいました。

念願のコシャリがやっと食べられ、大満足!

コシャリ

どうして日本で「コシャリ屋さん」を開こうと思ったのでしょうか?
須永さんにお話を伺いました。

世界には、知らないものがまだまだある

須永さん:「7年前、旅行先のエジプトではじめてコシャリを食べました。エジプト料理はクセが強いのでは、と思っていたんですが、意外とサラサラ食べられて。『なんだコレ、うまいな!』と感動しましたね」

コシャリ屋さん

当時、須永さんは会社員でした。海外赴任した際に『世界には知らないものがまだまだある』と実感していたところ、エジプトで食べたコシャリに衝撃を受けたそうです。帰国後もコシャリが忘れられず、ついに退職。3日後には、再びエジプトに飛んでいました。

須永さん:「実は会社員時代から、いつかは自分で事業を立ち上げたいと思っていたんです。コシャリに出合ったことで一念発起し、日本人にとってほぼ未知の存在であるコシャリを自らの手で  広めたいと決意しました 」

まずは本場でコシャリを学ぼうとエジプトに向かったものの、現地にツテはありません。飛び込み営業のようにコシャリレストランを訪ね、雇ってもらったそうです。

須永さん:「現地で使われているアラビア語も分からなかったので、片言の英語で質問しながらレシピや食材を覚えました。帰国後は日本人の口に合うソースを開発するため、和食と中華のシェフに相談したり。本場に近いレシピにこだわりながらも日本人好みな要素も加わった、オリジナルなコシャリが完成したと思っています 」

コシャリ屋さん

オフィス街は新しいものが受け入れられやすい

メニューが決まったら、次に決めるのは出店する場所。

須永さん:「どんな人にコシャリを楽しんでもらえるか考えた結果、オフィスワーカーの多い街への出店を決めました。現在は、日替わりで六本木、品川、銀座などに出店しています。どの街にも共通しているのは、食べ慣れないものに積極的にチャレンジする方が多いこと。外国人の方も多いですね。新しいものを面白がって、すんなり受け入れてくれる雰囲気があると感じます」

須永さん

営業中、須永さんに外国人の方が話しかけていました。「自分も日本で海外の料理を販売したい。ケータリングカーでの商売の仕方を教えてほしい」——その姿はまるで、エジプトで単身、コシャリレストランに飛び込んだ数年前の須永さんのよう。チャレンジングな人の周りには、自然と似た人が集まってくるのかもしれません。

改めて、高層ビルが林立する街を歩いてみると、道行く人々がどことなく前向きな表情をしていることに気づきます。新しいものを進んで受け入れるポジティブな街だからこそ、出合えた味がそこにありました。

赤坂

(写真:ogata)

エジプトめし コシャリ屋さん

TEL:070-2806-1342

営業時間:11:30-14:00

出店日:月・水・木・金(土日もイベントに出店する場合あり)

※出店日と場所は随時変更されます。詳細はWebサイトをご確認ください

定休日:不定休

Webサイト:

http://koshary-yasan.hungry.jp/

WRITER

ライター

気になるコラム