【4/27-5/6】ゴールデンウィークに行きたい! おすすめイベント9選

いよいよ今週末からゴールデンウィークですね。4月から全速力で駆け抜けてきた人も、ここで少し休憩を。溜まっていた本や映画をチェックしたり、ずっと行きたかった街を散歩してみたり。今年のゴールデンウィークは、どこへお出かけしましょうか。haletto編集部よりおすすめのイベントをお届けします。

①海岸沿いで、大好きなあの作品を。

【逗子】逗子映画祭2018

毎年ゴールデンウィークのこの時期に、逗子海岸という絶好のロケーションで行われる屋外型映画祭「逗子映画祭」が今年も開催されます。この映画祭は逗子エリア出身のクリエイターやアーティストで構成される「CINEMA CARAVAN」がプロデュースを手がける大規模な映画祭。日本人だけでなく海外からのゲストや作品が集まり、多彩な文化を一度に体験できる貴重な機会です。夕日が落ち、辺りが暗くなった頃に始まる上映会では、日毎に変わるテーマに沿った映画作品を観賞することができます。誰もがよく知る名作から、ここでしか観ることができないオリジナルまで。今まで参加したことのある人はもちろん、初めての人も、ゴールデンウィークは逗子へ。

日時:2018年4月27日(金)-5月6日(日) 開場11:00 ※4月27日・5月1日・2日 開場 15:00
会場:逗子海岸 (神奈川県逗子市新宿1丁目4国道134号線)
入場料:一般 1,500円 ※高校生以下無料 ※要身分証明書
アクセス:JR横須賀線「逗子駅」徒歩15分、京浜急行「新逗子駅」徒歩13分
詳細はこちら:https://zushifilm.com

②街中、エンターテインメント。

【高円寺】高円寺びっくり大道芸

びっくり大道芸_押田健太郎

2009年から毎年、ゴールデンウィーク中の2日間に渡り開催される「高円寺びっくり大道芸」。商店街や、特設ステージ、座・高円寺など、高円寺全体で普段は見ることができないような圧倒的なパフォーマンスを楽しめるこのイベント。国内外から一流のパフォーマーたちが集結し、「わ!」と思わず声をあげてしまうような驚きのパフォーマンスから、コメディまで、高円寺の街中至るところで楽しむことができます。まるでどこか別の世界に飛び込んでしまったようなエンターテインメント溢れる高円寺での2日間を、見逃さずに。

2013年撮影(C)中根英治

日時:2018年4月28日(土)-4月29日(日) 12:00−18:00
会場:高円寺の11商店街、座・高円寺、高円寺北公園ほか
観覧料:無料
アクセス:JR「高円寺」駅周辺
詳細はこちら:http://www.koenji-daidogei.com/2018/

③新時代を生きる写真家たちとの出会い。

【六本木】写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−

ウィリアム・クライン+TAKCOM「ウィリアム・クライン+TAKCOM, 2018」(撮影:吉村昌也)

世の中に「写真」というものが誕生して約200年。テクノロジーの発展により誰でも撮影したり、インターネットを通じて全世界に発信できるようになったように、「つくり手」と「受け手」の関係にも大きな変化が。本展では、写真・映画・デザイン・ファッションとジャンルを超えた表現と、世界の大都市を捉えた作品で現代の視覚文化に大きな影響を与えた、20世紀を代表する写真家 ウィリアム・クラインの作品をマルチ・プロジェクションで表現するほか、日本やアジアで活躍する写真家たちを紹介。次世代を見据えた未来の写真をその目に焼き付けて。

ギャラリー2 全景(撮影:吉村昌也)

日時:2018年2月23日(金)-6月10日(日) 10:00-19:00
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2 (東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
休館日:火 ※5月1日(火)は開館
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生 500円、中学生以下無料
アクセス:都営大江戸線「六本木」駅、東京メトロ日比谷線「六本木」駅、千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
詳細はこちら:http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/

④コーヒーで満たされる2日間。

【神田】COFFEE COLLECTION around Kanda Nishikicho 2018 Spring

古本屋や喫茶店が多く並ぶ街「神田」。この街で、コーヒー好きな人におすすめしたいイベントが開催されます。国内外から世界最高峰の1杯を提供するコーヒーロースターを集めるプロジェクト「DISCOVER」が中心となり、神田錦町で「本当に飲んでほしい」スペシャルなコーヒーが集結。全店1杯500円でコーヒーを楽しむことができ、「初めての味わい」に出会えるかも。また、期間中にはコーヒーに纏わるトークイベントを開催予定。「夏休み旅行で行きたい!トラベル・コーヒーガイド」や、Minimalチョコレート5種の食べ比べ、コーヒーペーパープレスで作る活版印刷ワークショップなど、丸ごとコーヒーな2日間をぜひ味わって。

日時:2018年4月28日(土)-4月29日(日)  11:00 – 18:00
メイン会場:テラススクエア (東京都千代田区神田錦町3-22)
入場料:無料 ※ドリンク・ワークショップの参加は有料
※5CUPS TICKET 1,000円 前売り各日300枚販売
アクセス:東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線「神保町」駅A9出口より徒歩2分
東京メトロ東西線「竹橋」駅3b出口より徒歩5分
詳細はこちら:http://coffeecollection.tokyo

⑤クリエイターの「今」、そして「その先」へ。

【表参道】第19回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル

SICF18会場風景「EXHIBITION」 撮影:市川勝弘

南青山にあるギャラリーと多目的ホールを中心とした複合文化施設「スパイラル」。2000年から若手作家の発掘・育成・支援を目的としたアートフェスティバルが今週末より1週間に渡り開催されます。ブース出展形式の「EXHIBITION」と、今年新たに設立したパフォーマンス部門「PLAY」の2部門を展開し、過去最大数となる公募によって選出された、さまざまなジャンルのクリエイター172組がスパイラルに集結。会期の最後には、来場者の投票によって決まるオーディエンス賞があったりと、最後まで見逃せない内容。見るだけでなく、アーティストによるワークショップ(一部有料)に参加する機会も。新しい表現の世界へ、ぜひ足を運んでみてください。

守屋友樹と和田ながら_撮影_守屋友樹

日時:A日程 : 2018年4月29日(日・祝)〜30日(月・振替) 11:00-19:00[50組]
B日程 : 2018年5月3日(木・祝)〜4日(金・祝) 11:00-19:00[50組]
C日程 : 2018年5月5日(土・祝)〜6日(日) 11:00-19:00[50組]
会場:スパイラルホール、スパイラルガーデン (東京都港区南青山5-6-23)
入場料:一般 700円、通し券(A・B・C日程) 1,200円 ※PLAYは観覧無料
アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1、B3出口すぐ
詳細はこちら:http://www.sicf.jp/information/

⑥私の知らなかった「クラシック体験」

【丸の内】【池袋】ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018

「ラ・フォル・ジュルネ」、耳にしたことはありますか。1995年にフランス西部の港町で誕生したクラシック音楽祭で、現在もヨーロッパの音楽シーンで盛り上がりを見せています。2005年からは東京にも上陸し、今年から、これまでの丸の内エリアに加え池袋エリアの2会場で開催が決定。今年のテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。1公演約45分で、3日間で約400公演が催される予定。国内外の一流の演奏を低料金で楽しめるため、朝から晩までいくつものプログラムを気軽にハシゴすることができる滅多にない機会です。普段クラシックを聴くことがないという人も、この機会にぜひチェックしてみて。

日時:2018年5月3日(木・祝)-5月5日(土・祝)
丸の内会場:東京国際フォーラムほか (東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
池袋会場:東京芸術劇場ほか (東京都豊島区西池袋1-8-1)
入場料:有料 ※各公演・座席により価格は異なります。
アクセス:東京国際フォーラム JR「有楽町」駅より徒歩1分、「東京」駅より徒歩5分
東京芸術劇場 JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線「池袋」駅西口より徒歩2分
詳細はこちら:https://www.lfj.jp/lfj_2018/

⑦ちゃんこ食べて、歩いて、また食べて。

【両国】第16回両国にぎわい祭り

駅からは国技館の姿が見え、「すもうの街」としても有名な地「両国」。そんなこの街の活性化とPRを目的としたお祭りが今週末開催されます。昨年は約8万2000人が来場し、今年で16回目を迎える今回のテーマは「わがまち再発見!-歴史も文化も盛りだくさん-」。名物「ちゃんこ」を存分に味わうことができる「ちゃんこミュージアム」では、様々な種類のちゃんこが1杯500円で食べ比べも楽しめそう。その他にも、地元町会・商店街が出店したり、ステージイベントがあったりと盛りだくさんです。まだ知らない「両国」を、今週末は食べ歩きしながら見つけてみてはいかがでしょう。

日時:2018年4月28日(土)-4月29日(日・祝) 10:30-16:00 ※詳しい開催時間は各会場により異なります。
会場:国技館通りメイン会場、国技館、回向院、江戸東京博物館ほか
入場料:無料
国技館通りメイン会場までのアクセス:JR「両国」駅よりすぐ
詳細はこちら:http://visit-sumida.jp/osusume/18871/

⑧街中アートに、心が高まる。

【葉山】葉山芸術祭

第24回葉山芸術祭
1993年に神奈川県三浦郡で地域の住民が主体となり、25年もの間続く芸術祭「葉山芸術祭」が先週末よりスタート。葉山町を中心に逗子から横須賀にまたがるエリア内で、約80箇所もの参加企画の個性あふれる展示やイベントが開催されます。主催イベント「青空アート市」では、クラフト作品やアート作品が森山神社の境内や参道にびっしりと並び、広場は地元のフード屋台で賑わいます。美術館や公園、記念館と芸術文化が盛んなこの地域だからこその、地域全体で盛り上がる「葉山芸術祭」。アートをきっかけにした出会いの数々で、きっと忘れられない日になるはず。日によってイベントや開催場所も異なるので、カレンダーのチェックは忘れずに。

葉山芸術祭

日時:2018年4月21日(土)-5月13日(日) ※時間は各企画によって異なります。詳しくはHPをご覧ください。
会場:葉山・逗子・横須賀・鎌倉にわたってのオープンハウス、店舗、展示場、屋外、他
参加料:無料
詳細はこちら:https://www.hayama-artfes.org/

⑨懐かしの作品を、最高の夜景と。

【横浜】SEASIDE CINEMA

みなとみらいの夜景を堪能しながら、開放的な空間での映画観賞はいかがですか。5月2日(水)から5月6日(日)の計5日間、「横浜赤レンガ倉庫」が会場となって野外シアターイベントが開催されます。横浜赤レンガ倉庫が会場の「シアター赤レンガ」では、「ファミリー映画」がテーマに5作品を上映。大人になってもファンの多い「ルパン三世」や、実写化が話題となった「パディントン」。また現在公開中の新シリーズの原点となった「ジュマンジ」など、家族で楽しむことができるのはもちろんのこと、子供の頃に観た作品をもう一度大きなスクリーンで観るチャンス。事前予約は不要なので、ぜひ立ち寄ってみて。

日時:2018年5月2日(水)-5月6日(日) 19:00-
会場:THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ) (神奈川県横浜市中区新港1-1)
入場料:無料 ※事前予約不要 ※リクライニングチェア貸し出し有り(貸出料300円)
アクセス:JR・市営地下鉄「桜木町」駅より汽車道経由で徒歩約15分、「関内」駅より徒歩約15分
みなとみらい線「馬車道」駅または「日本大通り駅」より徒歩約6分
詳細はこちら:https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/570

編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいね。

halettoからの手紙を受け取りませんか。

Facebookのhaletto公式メッセンジャー「haletto letter」とつながる(無料)と、週末イベント記事のお知らせが届きます。さらに、あなたの近くのスポットやキーワードでの記事検索機能も。おでかけのお供に、ぜひご登録ください。

気になるコラム