【3/16-4/15】今週末行きたい! さくらの季節のイベント

いよいよ、季節は春へ。桜を見ると、「ああ、始まりの時期だ。」と、ちょっとだけ身が引き締まる思いがしませんか。今年も各所では、素敵な桜を見ることができます。haletto編集部がおすすめする週末イベント特別編。桜を見に、どこへお出かけしましょうか。

おすすめ①

【日本橋】日本橋 桜フェスティバル2018

江戸桜通りや日本橋さくら通り・浜町緑道など、古くから桜の名所が多く存在する日本橋。今回で5回目の開催となる日本橋 桜フェスティバルのテーマは「アーティスティックに楽しむ、春。」。「江戸切り絵」をモチーフにした約25mの桜並木イルミネーションや、桜をテーマにしたフォトジェニックなグルメ食べ歩き、音楽祭や絵画展といった本イベントに関連するアートイベントも実施。新旧が融合した日本橋ならではの、他では体験できないアートなお花見空間を目に焼き付けて。

日時:2018年3月16日(金)-4月15日(日)
※実施時間は会場により異なるため、詳しくは公式HPをご覧ください。
会場:日本橋・八重洲・京橋エリア
アクセス:
東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅
JR総武線「新日本橋」駅
詳細はこちら:
https://nihonbashi-sakurafes.art/

おすすめ②

【中野】中野通り桜まつり

JR「中野」駅北口から、中野通りに約2kmにわたり続く約300本のソメイヨシノの桜並木。桜が開花する時期は、まさしく絶景と呼べる美しさで、人びとを魅了します。昭和31年に植えられたこのソメイヨシノを「中野の名物にしたい」ということで、昭和62年の第一回から現在まで続く伝統的なお祭り「中野通り桜まつり」が今年も開催。昼は満開の桜に癒され、夜は提灯でライトアップされた夜桜に風情が感じられるはず。新井薬師公園内には特設ステージが設けられ、桜まつりをより一層盛り上げます。この時期しか見ることができない瞬間を求め、ぜひ中野へ。

日時:2018年4月6日(金)-8日(日)
会場:新井薬師公園内 (東京都中野区新井5-4)
アクセス:
西武新宿線「新井薬師前」駅 徒歩5分
JR中央線「中野」駅 北口よりバス乗車5分
詳細はこちら:
http://www.nakano-arai.gr.jp/nakanodoorisakuramaturi.html

おすすめ③

【町田】町田さくらまつり

町田市内で毎年開催されている恒例イベント「町田さくらまつり」が今年も開催。メインイベントは、「恩田川会場」「芹ヶ谷公園会場」「尾根緑道会場」と三ヶ所にあり、各会場では町田の特産品の販売や、地元商店会による模擬店も。のんびりとシートを広げ、桜を満喫するもよし。桜を見ながら、おいしいグルメでお腹いっぱいになるもよし。さくらをきっかけに、町田という街も好きになってしまうはず。桜満開のシーズンには、町田へ足を運んでみて。

開催日時:
恩田川会場 2018年3月31日(土)-4月1日(日)、4月7日(土)-4月8日(日) 10:00-16:00
芹ヶ谷公園会場 2018年4月7日(土)-4月8日(日) 10:00-16:00
尾根緑道会場 2018年4月7日(土)-4月8日(日) 10:00-16:00 ※8日は15:30まで
アクセス:
恩田川会場 JR横浜線「成瀬」駅 徒歩9分、東急田園都市線「つくし野」駅 徒歩15分
芹ヶ谷公園会場 小田急線「町田」駅・JR横浜線「町田(中央口)」駅 徒歩約13分
尾根緑道会場 町田バスセンターから市立室内プール経由野津田車庫行きバス「尾根緑道入口」下車
詳細はこちら:
https://www.city.machida.tokyo.jp/kanko/miru_aso/ibe_gyou_matu/machidasakura/2018sakuragaiyo.html

おすすめ④

【九段下】千代田のさくらまつり

桜 千鳥ヶ淵

11日間に渡り開催される「千代田のさくらまつり」。期間中は名所「千鳥ヶ淵緑道」の桜花のLEDライトアップ、お濠の水上から夜桜を堪能できる「千鳥ヶ淵ボート場」の夜間特別営業など、普段は見られない景色を目にすることができます。それだけでなく、千代田区内各地で商店街や団体等が主体の関連イベントが行われ、区全体で「さくら」を中心に盛り上がります。一年に一度の機会、思い出に残る桜の景色。今年は、東京の桜の名所「千代田」で桜を堪能してみて。

日時:2018年3月29日(木)-4月8日(日)
会場:千鳥ヶ淵緑道
アクセス:
東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 徒歩5分
詳細はこちら:
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/1116/default.aspx

おすすめ⑤

【六義園】しだれ桜と大名庭園のライトアップ

四季折々の表情が楽しめる文京区にある都立庭園「六義園」。シンボルともいえるしだれ桜は、高さ約15m、幅20mとその迫力に驚いてしまうほど。期間中は開園時間を21時まで延長し、ライトアップされたしだれ桜を堪能することができます。春の光に照り映える昼の姿、夜空に浮かび上がる夜の姿。どちらも見ごたえは十分。最後のお目的地に設定して、せっかくなら周辺をお散歩しても良いかも。今年の春は、夜の六義園での幻想的なひとときを。

日時:2018年3月21日(祝・水)-4月5日(木) 9:00-21:00 ※最終入園は20:30
会場:六義園 (東京都文京区本駒込6丁目)
入園料:一般 300円、65歳以上 150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
アクセス:
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」駅 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」駅 徒歩10分
詳細はこちら:
http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/031/detail/39939.html

おすすめ⑥

【茂原】茂原桜まつり

「日本さくら名所100選」にも選ばれている茂原公園の桜。2,850本にも及ぶ桜が、来た人の心を動かします。近くを流れる豊田川(愛称天の川)に映し出される桜並木は一見の価値あり。園内を散策するだけでも、十分春を満喫できそう。今年は3月23日より、茂原桜まつりが開催。期間中は夜間でも、茂原公園・豊田川(市役所周辺)・一宮川(明光橋周辺)と一面ライトアップされ、幻想的な景色を楽しむことができます。都内のさくらもいいけれど、一年に一度のこの景色を見るために茂原公園まで行く価値ありです。

日時:2018年3月27日(火)-4月15日(日)
会場:茂原公園ほか (茂原市高師1325-1)
アクセス:
JR外房線「茂原」駅下車
小湊鉄道バス「茂原」駅南口発 4番または6番乗り場より 長南方面行「藻原寺」下車徒歩約5分・「西町」下車徒歩約10分
詳細はこちら:
http://www.mobara-kankou.com/news/sakura2017.html

以上、さくらの季節のイベントをいくつかご紹介しました。春。みなさんに新しい出会いがありますように。晴れた日はぜひ、お花見日和を満喫してくださいね。

気になるコラム