日本のジェントルマンに学ぶ、わたしらしい暮らし ― 町田市「旧白洲邸 武相荘」

かやぶき屋根

“自分にとって心地いい住まい”とは、一体どんなものでしょう。
駅が近い、十分な広さがある、周辺の自然が豊かなど、重視するポイントは人それぞれ。ライフステージや年齢によって求めるものが変わることもあるはずです。
今回は、そんな問いにひとつの答えを出した夫妻の邸宅を訪ねてみました。

交差点

町田駅から電車で約6分。小田急線「鶴川」駅を降りると、目の前の鶴川街道には車が行き交い、脇にはスーパーマーケットや家々が連なります。一見、普通の住宅街ですが、所々から生い茂る緑が顔を覗かせているのが印象的。銀杏並木の坂道を進むと、目的地の「旧白洲邸 武相荘」が見えてきました。

道

武相壮

無愛想2

武相荘は、白洲次郎・正子夫妻が55年もの時間を過ごした場所。武蔵と相模の間に位置することと、「無愛想」を掛けてその名がつけられました。大正の時代においてイギリスに留学し、帰国後は吉田茂の側近としてGHQとの折衝にあたり、実業家としても活躍した白洲次郎。そして、確かな審美眼をもって骨董や能など“日本の美”を追求し続けた随筆家の白洲正子。時代の最先端を突き進んだ白洲夫妻は、なぜ郊外のこの家を終の住処に選んだのでしょう。

林

花

入口を通ると、竹林の散策路が続き、揺れる葉の間から木漏れ日が差していました。椿が花を咲かせていたり、小川がせせらいでいたり……都心とは異なるのびのびとした空間が広がっています。立派な門戸をくぐると、その奥に夫婦が暮らした茅葺き屋根の母屋が現れました。

白樺

門

からぶき屋根2

中には、2人が収集した調度品や着用していた洋服、仕事道具などが所狭しと並んでいます。正子が選んだであろう海外の陶器のほか、吉田茂から譲り受けた皮張りのソファ、DIYを好んだと言われる次郎お手製の家具、在りし日の2人の旅の思い出の品など、新旧和洋が入り混じっています。単なる「高級品」という枠には収まりきらない、夫妻独自のこだわりが垣間見えるようです。

室内

器

善光寺

縁側

白洲夫妻が東京・水道橋からこの地に越して来たのは1942年、第二次世界大戦が勃発した翌年のことでした。食糧難を免れるために農業をすることが目的ではありましたが、次郎には、地方に住みながら中央の政治に目を光らせる“カントリー・ジェントルマン”というイギリスのスタイルも念頭にあったようです。そこで、古くから農村として栄え、都心に出やすいこの場所が選ばれたのです。

林2

往時の夫妻は、武相荘でどんな日々を送っていたのでしょうか。夫妻の長女の夫であり、武相荘館長の牧山圭男さんにお話を伺いました。

お爺さん

牧山さん:「仕事などで都心に出向くこともしばしばありましたが、ここはあくまで生活空間としてオープンな暮らしをしていました。農業は一人ではできませんから、周囲との助け合いもあったようです。当時近所に暮らしていた方に話を聞くと、武相荘には、日本にはない海外の雑誌やお菓子があって、遊びに行くと英語を教えてもらえた。夢のような場所だったと言っていました」

外観

また、正子のものと次郎のもの、時代や国、価格が全く異なるものたちが、武相荘の中では不思議と調和を保っているのも大きな魅力です。

空間

牧山さん:「2人は“無駄のある家”をテーマに掲げ、自分たちの手で物を作り、身銭をはたいて骨董品を集めました。そして、どれも平等に生活用品として使っていました。歴史あるものや貴重なものは美術館に行けば見ることができますが、ここには彼らが紡いだ“生活”があるということです」

居間

古い民家を自分たちの色に染めることを楽しんだ白州夫妻。ブランドや価格など、世間の価値観は確かにひとつのものさしになりますが、“自分にとって心地いい”住まいや物が欲しいなら、試行錯誤してみることが大切なのかもしれません。そうして得たものには愛着が湧き、必ず自分の暮らしを彩ってくれる。武相荘から夫妻の元気な声が聞こえてくるような気がするのは、彼らの愛した物たちが今も息づいているからなのでしょう。武相荘を出て鶴川の街を歩くと、豊かな緑と住宅が織りなす何気ない日々の風景が、より温かいものに感じられました。

写真1

そのほかのおすすめ記事はこちら

縁(えにし)を招く門前町 ― まだ知らない街を探すZINEワークショップ 川崎大師編

春の風を感じ始めた3月のある土曜日、京急電鉄とhaletto編集部が企画した「まだ知らない街

2018-03-23 17:03

旧白洲邸 武相荘

東京都町田市能ヶ谷7-3-2
TEL:042-735-5732
営業時間:10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日・振替休日は開館)※夏季・冬季休館あり
https://buaiso.com/

レストラン&カフェ 武相荘

TEL:042-708-8633
営業時間:カフェ&ランチ11:00-17:00、ディナー(要予約)18:00-L.O.20:00
定休日:月曜日(祝日・振替休日は営業)※夏季・冬季休業あり

WRITER

ライター

気になるコラム