【2/21-25】今週末行きたい! おすすめイベント9選

あっという間に2月最後の週末です。一年の中では一番日数の短い月ですが、冬という季節を感じられる最後の月でもあります。来月からはいよいよ春支度へ。その前にやり残したことはありませんか。今週末は、「ずっと気になっていたけれど行けなかったイベントや展示会」に、足を運んでみてはいかがでしょう。

①見えないから、考える。

【恵比寿】第10回 恵比寿映像祭

2009年にスタートした映像とアートの国際フェスティバル「恵比寿映像祭」。記念すべき第10回目を迎える今回は「インヴィンシブル(見えないもの)」を総合テーマに、展示や映像の上映、シンポジウムなどさまざまな形で私たち見る側を刺激してくれます。会場は東京都写真美術館をメインに、日仏会館や恵比寿ガーデンプレイスなど、恵比寿駅を降りてしまえば歩いて全部を周ることだって。今週末は恵比寿で、自分の知らなかった感覚を研ぎ澄ませてみませんか。

日時:2018年2月9日(金)-2月25日(日) 10:00-20:00 ※最終日は18:00まで
会場:東京都写真美術館ほか (東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
休館日:13日(火)、19日(月)
入場料:無料 ※定員制のプログラムは有料
アクセス:
JR「恵比寿」駅 東口より徒歩約7分
東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅 徒歩約10分
Webサイト:
https://www.yebizo.com

「映像」関連の記事

【scene 02 ― 観察、東京ウォッチ】2017年秋に見たい、halettoシネマクラブ

「ミニシアター」なる言葉を初めて聞いたのは、ここ数年前のこと。社会人になってしばらく経ってか

2017-10-20 17:55

②いつもとは、少し違って。

【千駄木】&SCENE手創り市│&Bakes│作家と蚤の市

千駄木駅から歩くこと10分、養源寺では定期的に&SCENE主催の手創り市が開催されています。境内にずらっと並ぶ手作りアイテムの数々は、実際に行ってみないとわからない楽しさと嬉しさがこみ上げます。今回は通常の手創り市にプラスして、参加作家さんや&SCENEのスタッフによる蚤の市も同時開催。それぞれが大切にしてきたもの、愛着のあるものたちが通常作品と一緒に各ブースに並びます。いつもの手創り市を楽しみながら、好きな作家さんやスタッフさんと会話を楽しみアイテムを手に取ってみて。素敵な一品に巡り合えそう。

日時:2018年2月25日(日) 9:00-16:00
会場:養源寺 (東京都文京区千駄木5-38-3)
入場料:無料
アクセス:
東京メトロ南北線「本駒込」駅 徒歩3分
東京メトロ千代田線「千駄木」駅 徒歩10分
都営三田線「白山」駅 徒歩10分
Webサイト:
http://andscene.jugem.jp/?eid=533

「白山」周辺の記事

ひだまりの家

東京縁側日記③ 千石 庭の家のカフェひだまり

千石。どちらかというと、思い出があるのは、隣駅の白山。 白山には東洋大学があって、受験生の

2017-11-28 12:00

③おいしさ・やさしさ・たのしさが集まりました。

【国分寺】たねと食のおいしい祭 vol.5

心も体も、内側から幸せな気持ちになれる「おいしい食べ物」との出会い。今回は“つづくたね”と呼ばれる自家採種や在来種から生まれた個性豊かな作物たちを主役に、マルシェ、フードコート、ワークショップなどを開催。全国から集まった出店者がお店に出す野菜や穀物、フードにパンなど……「あれもこれも」とたっぷり買いこんでしまいそう。夜には特製メニューを囲んで、農家さんたちとの交流パーティーの開催も。今週末はお腹を空かせて、美味しさだけでなく楽しさや遊び心も感じられるイベントへ。マイバッグを忘れずに。

日時:2月25日(日)12:00-16:00 ※18:00-20:30 アフターパーティー開催 (有料)
会場:cafe slow (東京都国分寺市東元町2-20-10)
入場料:無料
※ワークショップ参加には別途費用がかかります。詳しくは公式Webサイトをご覧ください。
アクセス:
JR「国分寺」駅 南口より徒歩5分
Webサイト:
http://www.cafeslow.com/tane/

「国分寺」周辺の野菜関連の記事

しゅんかしゅんかのすもも

国立で見つけた夏野菜 「くにたち野菜 しゅんかしゅんか」

東京駅からJR中央線で1時間弱の国立駅。「国分寺」と「立川」の間にあるから「国立」と言うそう

2017-08-24 08:00

④持って運ぶということとその未来。

【浅草】2018 モチハコブカタチ展

大きさや形、色合いや素材で持つ人の個性が表れるカバン。とても身近で、誰しもひとつは持っているけれど、意外と知らないことも多い奥深さを持ちます。浅草駅近くにある「世界のカバン博物館」では、世界中から集められた550点余りの珍しいカバンを収蔵・展示。ここでは毎年、東京藝術大学の学生がテーマを設け企画展を開催しています。今年も「未来のカバン」というテーマで、未来の生活やライフスタイルをイメージした作品が並びます。自由な発想から生まれた作品たちに、驚きの連続です。

日時:2018年1月30日(火)-3月10日(土) 10:00-16:30
会場:世界のカバン博物館
休館日:日・祝日
入館料:無料
アクセス:
都営地下鉄浅草線「浅草」駅 A1出口より約50m
都営地下鉄大江戸線「蔵前」駅 A5出口より約360m
東京メトロ銀座線「浅草」駅 2番出口より約500m
Webサイト:
https://www.facebook.com/events/150424778991613/

「浅草」周辺の記事

猫のすずのすけ

蔵で飲むコーヒー  浅草「ギャラリー・エフ」

浅草寺や老舗の名店、行き交う人力車など、歴史ある風景を今も残る浅草の街。雷門からほど近い雷門二丁目に

2017-08-24 12:00

⑤説明できない新しさへ飛び込む。

【六本木】Media Ambition Tokyo

六本木を中心に、都内各所を舞台とした最先端のアートや映像、音楽、トークショー等を開催する「Media Ambition Tokyo」が今年も開催。会場のひとつである六本木ヒルズ森タワー52階では、夜になれば眩しいくらいに光る色とりどりの街や車の数々をガラス越しに見ることができ、展示された数々のテクノロジーと混ざり合って幻想的な雰囲気に。今週末、全17日間に渡って開催された祭典はフィナーレを迎えます。今週末は都内を巡って、今年のテクノロジーアートを目に焼きつけて。

日時:2018年2月9日(金)-2月25日(日) 10:00-22:00
会場:六本木ヒルズ森タワー52階
入場料:無料(東京シティビュー入場料が別途かかります)
アクセス:
東京メトロ日比谷線「六本木」駅 1C出口直結
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 3出口徒歩4分
都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 7出口徒歩5分
Webサイト:
http://mediaambitiontokyo.jp/

「六本木ヒルズ」の記事

【scene 05 ― 観察、東京ウォッチ 】月を見る、六本木の夜 ― 遠い星空を眺めて自分を見る

夜空にきれいな満月が浮かんでいると、不思議とうれしい気持ちになります。その日が十五夜であれば

2017-10-26 15:00

⑥ぶつからなきゃわからない。

【表参道】君と免疫。展

私たちが暮らすために欠かせない、私たちの体を守ってくれる”砦”が「免疫」。そんな「免疫」がなんとアートと結び付きました。イラストレーター・音楽作家・バルーンアーティストなど、ジャンルの異なる5組のアーティストが、それぞれの形で考えた「免疫」を五感で楽しむ体験型アートという形で再構築。タイトルだけでは全く想像できない世界には、「行ってみなきゃ」となぜだか焦燥感に駆られてしまいそう。2日間のみの開催だから、少し心に引っかかったなら表参道へ足を運んでみて。

日時:2018年2月24日(土)-2月25日(日) 10:00-19:00 ※25日のみ17時閉館
会場:SO-CAL LINK GALLERY表参道 (東京都渋谷区神宮前4-9-8)
入場料:無料
アクセス:
東京メトロ「表参道」駅 徒歩3分
東京メトロ「明治神宮前」駅 徒歩7分
Webサイト:
http://www.meiji.co.jp/do-wonders/exhibition/

「表参道」周辺の記事

中田麻美店長

本を片手に街へ飛び出せ! 青山ブックセンターに聞いた、気になる「街本」

表参道に本店を構える青山ブックセンター(以下ABC)。haletto編集部もよく資料を探しに

2017-09-15 18:00

⑦「きゅん」とする気持ち。

【池袋】くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展『 “あたしの好きな人”へ』

女性にとって、少女マンガは強くて不思議な力を持つ存在。登場する主人公のボーイフレンドに恋をしたり、主人公に自分を反映させて一喜一憂したり。今回は、少女マンガ好きなら一度は名前を目にしたことがある女性作家が展示会を開催。昨年放送されたドラマ「あなたのことはそれほど」の原作者いくえみ綾と、彼女が漫画家を志すきっかけとなったくらもちふさこ、はじめての原画展です。カラー・モノクロ原画を中心に、会場限定の図録やオリジナルグッズの販売も。ファンには堪らないイベントです。

日時:2018年2月9日(金)-2月25日(日) 10:00-21:00 ※25日は18:00閉場
会場:パルコミュージアム (池袋パルコ 本館7F)
入場料:一般 700円、学生 600円
アクセス:
JR「池袋」駅 東口より徒歩1分
Webサイト:
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=1196

「池袋」周辺の記事

スケッチジャーナル

【scene 03 ― 観察、東京ウォッチ 】街を観察する ハヤテノコウジさんの池袋スケッチ散歩

旅先の街歩きは、何もかもが新鮮に映りワクワクします。もし旅先と同じときめきが得られたら出かけるのがも

2017-10-20 18:00

⑧新しい暮らし方。心地の良い住まい。

【調布】LANDLIFE 調布国領 リノベDAYS

リノベーション住宅特化の流通プラットフォーム「cowcamo」。そのcowcamoがリノベーション住宅の魅力や楽しさを様々な角度から体感できるイベント「リノベDAYS」を、現在第2期本格販売を開始したマンション「LANDLIFE調布国領」にて開催。「都心も、自然も、たのしみ尽くす。」をコンセプトとした会場で、7つのリノベ空間体験ツアーや、タイル張りが学べるカフェトレーのワークショップなど、コンテンツも盛り沢山です。「自分らしい“住まい”がほしい」と考えている方は、ぜひLAND LIFE調布国領へ。

日時:2018年2月24日(土) 11:00-16:00
会場:LANDLIFE 調布国領 (東京都調布市国領町7-20-1)
入場料:無料
アクセス:
京王線「国領」駅 徒歩11分
京王線「布田」駅 徒歩18分
Webサイト:
https://cowcamo.jp/magazine/column/LANDLIFE%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%99DAYS

「リノベーション」関連の記事

https://haletto.jp/stay001_20171030/

⑨創る力に動かされる。

【五反田】rooms EXPERIENCE 36

プロフェッショナル向けに開催されてきたファッションとデザインの合同展示会「rooms」。昨秋の開催から、一般の来場者向けにも企画を開催する体験型キュレーションメディア「rooms EXPERIENCE」として内容を刷新しました。水曜日のカンパネラのスタイリスト/モデルとして活躍する清水文太など著名人の企画に加え、 世界中の絵、本、紙製の作品を集めた「PAPER EXHIBITION」、躍動感・雑多・混沌・劣悪をテーマに、ここでしか手に入らないものや、 お店では出会えない希少なアーティストの作品を販売する「rooms MARKET」など。すこしひねった企画の多いこのイベントで、新しい出会いを探してみては。

日時:2018年 2月21日(水) – 2月23日(金)
時間:21,22日 10:00-19:00 23日10:00-18:00
会場:五反田TOCビル 13階 (東京都品川区西五反田7-22-17)
入場料:一般 2,500円 ※未就学児は無料
アクセス:
東急電鉄目黒線「不動前」駅 徒歩6分
東急電鉄池上線「大崎広小路」駅 徒歩5分
JR山手線「五反田」駅 徒歩8分
Webサイト:
https://www.roomsroom.com/

「アート」に関連する記事

【scene 04 ― 観察、東京ウォッチ 】街を見てきたもの ― 「新宿の目」に映る景色

人混みをかき分けるように、JR新宿駅西口改札を出る。ぽっかりと空いた穴から地上を見つつ、地下道を進む

2017-10-20 18:10

haletto編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。素敵な週末をお過ごしくださいね。

気になるコラム