【2/17】halettoも出店! 第10回 本との土曜日「読むこと食べること」

2016年末からスタートし、1周年を迎えたブックマーケット「本との土曜日」。2月17日(土)、記念すべき第10回目が日本橋で開催されます。

今回のテーマは「読むこと食べること」。

小説・エッセイ・レシピ本・食漫画…様々な形で「食」に纏わる本と、本好きな持ち主が集うこちらのイベント。本の持ち主から直接おすすめポイントを聞いたり、知らなかった情報を交換し合ったり、本を通じて初めて会う人と会話が生まれるのも「本との土曜日」の魅力のひとつです。(以前halettoで取材した様子はこちら

今回、そんな素敵なイベントにhalettoとして出店することが決定しました!
編集部が選んだ「食を通して街を知る本」や「食をきっかけにおでかけしたくなる本」など、ジャンル問わずにお持ちする予定です。ここで少しだけ、出品予定の本をご紹介します。

「あじフライを有楽町で」 平松洋子

引用:https://www.instagram.com/p/BYgH7h3gaA6/?taken-by=asako_book

読んでいるととにかくお腹が空いてくる、平松さんの食事エッセイ集。食べたときの表現や効果音がとても具体的で、頭の中では自分が食べている画が浮かんできます。話に出てくるのは実在する飲食店なので、これを読んで実際に足を運んでみたお店もいくつかあります。

「市めくり」 タイムマシンラボ

引用:https://www.instagram.com/p/BQZTFOaA_ch/?taken-by=asako_book

全国各地の特徴的な市場情報を紹介している一冊。近年マルシェや蚤の市などが流行っているように、お店の方と会話しながら買い物をすることは日常の中でのひとつの刺激だと思います。ここに載っている市場を目的地にして、地方にも足を伸ばしてみるのも面白いのではないでしょうか。

「東京ヤミ市酒場」 フリート横田

引用:https://www.instagram.com/p/BcBJny_Ap7j/?taken-by=asako_book

駅前にあるチェーンの居酒屋さんもいいけど、大人になった今、その場所の歴史に触れながら飲むお酒もまた美味しく感じます。ローカルに根ざした所謂「大衆酒場」について、戦後の「ヤミ市」文化をキーワードに綴られたルポであるこちらは、いつもと違う「酒場」を発掘したい方におすすめです。

大の本好きである編集長の三宅は、自身が読んだ本についてInstagramで定期的に紹介しています。この中からも何冊かイベントにお持ちしますので、是非チェックしてみてください。

アカウント(@ asako_book)はこちら

少しだけスマホを休憩して本を手に取れば、本を通じた人と交わる時間にきっと愛おしさを感じられるはず。思わずお腹が空いてしまうような本や、ワクワクするような人との出会いが、きっとここにはあると思います。ぜひ足を運んでみてください。

また、当日イベントにお越しいただいた方には、halettoがプロデュースする宿泊施設「haletto house」にお得にご宿泊いただけるクーポン券をプレゼントいたします! halettoが細部にまでこだわって作った、ちいさな宿。自分だけの特別な時間を、是非腰越の街でお過ごしください。

「haletto house 001 KOSHIGOE」について詳しくはこちら

 

第10回 本との土曜日「読むこと食べること」

開催日:2018年2月17日(土)
時 間:11:00-16:00(予定)
会 場:BETTARA STAND 日本橋
住 所:東京都中央区日本橋本町3-10-1宝田恵比寿神社横 駐車場跡地
入場料:無料
交 通:東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅徒歩2分、JR総武線「新日本橋」駅徒歩3分
詳 細:
http://hontonodoyobi.com/event/hondoyo10/

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるコラム