ドライフラワーではじめる、花との暮らし ― 池尻大橋「チバセイサクショ」

飾るだけでパッと部屋が明るくなるお花。手軽に花のある暮らしを楽しみたいと思っていても、手入れが面倒、家にいる時間も短いし……とあまりお花を楽しむ習慣がありませんでした。そんなある日、ドライフラワー専門店があることを知り、池尻大橋を訪れました。

池尻大橋

池尻大橋から歩いて5分ほどのレインボー倉庫に、チバセイサクショはアトリエを構えています。池尻大橋駅は目黒川のお花見で数回来たことがあるくらいでしたが、駅からの道のりはとても静かで落ち着いていました。

※取材時点ではこちらの店舗にて営業されていましたが、2018年4月現在移転されています(旧店舗から歩ける場所、池尻大橋駅最寄)。

壁

チバセイサクショ

レインボー倉庫は、さまざまな業種のクリエイターさんの集まる秘密基地のような場所で、ネイルサロン、アパレルショップやWebサイト制作など、クリエイティブな仕事をしている方々が多く集まっているそうです。

チバセイサクショ

すべてあなたの

その中にひときわ目立つ、グリーンがあふれている場所がありました。

女性2

ドライフラワー3

「チバセイサクショ」のアトリエの中にはところ狭しとドライフラワーが並んでいます。スワッグ・リースといったアイテムが購入できるのはもちろんのこと、気に入ったものをバラ売りもしてくれるそうです。ドライフラワーをバラ売りで販売しているお店は多くないため、北海道や仙台から来られたお客様もいるとのことでした。

チバセイサクショの作品はどれも一点ものです。鳥かごの中にドライフラワーが入っているもの、オレンジがあしらわれたスワッグなど、定番の形であっても同じ花材を使うことはないんだとか。アトリエでの購入と合わせて、インターネット販売も行っています。

鳥かご

オーナーの千葉さんが一人で切り盛りしているチバセイサクショは、2016年の12月にオープン。もともと生花店で働いていたそうですが、転職をすると決めたときに、せっかくだから独立にチャレンジしてみようかな、と一念発起したそう。

千葉さん:「そのとき、ドライフラワーの専門店をやってみようかな、と頭に浮かんだんです。一人で手の回るサイズの店舗を探していたときに、いろいろな人が集まるレインボー倉庫を見つけてはじめて池尻大橋に来ました。治安もよくて、落ち着いた雰囲気の街並みを一目で気に入ったんです」

普通のお花屋さんではあまりドライフラワーを置いていない理由、ご存知ですか。生花と一緒にお店にドライフラワーが置いてあると「売れ残りを乾燥させて売っているのでは」と思われてしまうことがあるからだそうです。

千葉さん:「取扱い店舗がまだまだ少ないので、あえてチャレンジしてみようと思いました。ドライフラワーにしか出せない色や魅力を伝えたいと思っています」

トライフラワー

千葉さん:「一般的にドライフラワーは半年から一年くらい楽しめます。色の落ち具合(褪色)など、色の好みに個人差があるため、本人が「ここで終わり」と決めるときがおしまい。アンティークのような古さが好きな方もいれば、華やかな色が抜けてきたら新しいものと変えるなど、好きなように楽しめるのも魅力の一つです。季節を問わず湿気を嫌うので、なるべく乾燥しているところに飾るのもポイント。カビが生えてきてしまうので、乾燥にだけ注意をしてください」

手間がかからず、楽しみ方も自分の気の向くままでいいドライフラワーであれば、気負わずにお花を楽しめそうです。

ドライフラワー2

チバセイサクショ

チバセイサクショ

レインボー倉庫のある池尻大橋は、渋谷から各駅停車に乗ってたったの一駅です。渋谷から歩ける距離にあるにもかかわらず、とても静かで穏やかな街。

道

駅のすぐそばを流れる目黒川、ちょっと歩くと色々なところに公園があり、お散歩にぴったりです。池尻大橋はちょっと足を伸ばせば渋谷や中目黒など華やかなエリアにも近いけれど、商店街には下町の雰囲気が漂い、ちょっと路地に入れば美味しいお店も発掘できそうです。地に足がついた穏やかな時間が流れていました。

天気のいい日に散歩をしながら、ふらりとチバセイサクショに遊びにいけば、見ているだけで気持ちが華やかになります。アトリエの空気を持ち帰るように、自分だけのドライフラワーを部屋に飾ればお気に入りの空間が出来上がります。自分を満たしてくれる花を探しに、池尻大橋を訪れてみませんか。

※取材時点ではこちらの店舗にて営業されていましたが、2018年4月現在移転されています(旧店舗から歩ける場所、池尻大橋駅最寄)。

木

チバセイサクショ

東京都世田谷区池尻2-30-10-1F ※2018年4月1日よりこちらに移転
定休日:不定休(HP・Instagramをご確認ください)
問い合わせ:http://chibaseisakusho.jp/#contact
オンラインショップ:https://store.chibaseisakusho.jp/
http://chibaseisakusho.jp/

WRITER

気になるコラム