東京縁側日記③ 千石 庭の家のカフェひだまり

ひだまりの家

千石。どちらかというと、思い出があるのは、隣駅の白山。
白山には東洋大学があって、受験生の時に高熱の中受けに行った思い出があります。

結果は不合格……。
あぁ、比較的行きたかった大学だっただけにショックも大きかったなぁ、なんて思いながら、千石駅にある東洋大学の広告を見ながら思いを馳せます。

千石周辺は、いわゆる閑静な住宅街。
住宅街の中に、カフェなんてあるのかな?なんて思わせる雰囲気です。

千石駅から徒歩10分ほどに「ひだまりの家」というカフェがあります。

ひだまりの家

家と家の間に小さな門があり、注意していないと通り過ぎちゃいます。
その門をくぐり、細い道を進んだ先にあるのが、大きな庭と民家を改装したカフェが現れます。

住宅街の中にあるだけあって、知る人ぞ知るカフェ。
地域の人が口コミで訪れます。

店内は、赤ちゃんが遊べる畳スペースと、ゆったりできる席、そして縁側も利用できます。

もちろん店内でゆっくり過ごすのもありですが、なぜかぼーっとしてしまう縁側で過ごすのもあり。
住宅街の中だからこそ静かな空間。庭を眺めながら、秋晴れを楽しめます。

庭の家のカフェひだまり

東京都文京区千石2丁目44−11
営業時間:11:00-16:00
定休日:毎週月曜日(祝祭日は営業)

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

縁側愛好家。日本家屋の縁側の魅力を伝えるウェブメディア「縁側なび」を運営。葉山に移住したいけど、横須賀にある2,450万円のリノベ古民家が気になる。芸能人ネタが好きなミーハー。

このコラムについて

東京縁側日記

外はジリジリと暑いのに、縁側はなんて涼しいんだ。クーラーの涼しさとは違う、この涼しく入る風がとても気持ちいい。お昼ご飯を食べたあとは、スイカをほおばって。冷たい麦茶を飲みながら、青い空を眺めると、もうなにもしたくない。 「縁側ちゃん...

気になるコラム