自分の心と体の声に耳を傾けて — 代々木八幡「Shelter KUKO cafe & gallery」

元代々木町。住宅も多く、閑静な雰囲気を楽しむことができる大人の街です。この元代々木の街に、ユニークなコンセプトを持つカフェができました。そのカフェの名前は、「Shelter KUKO cafe & gallery」。

スタッフは、助産師や看護師として、病院で働いていた経歴を持つ方たち。カフェメニューは、「オーガニック」を意識したものを多く取りそろえているそうです。

小田急電鉄小田原線の代々木八幡駅。「Shelter KUKO cafe & gallery」は、駅から徒歩3分の場所にあります。住宅や個人商店を横目に眺めながらしばらく歩くと、やがて白塗りの、ひときわ目立つ建物が目に入ります。

エレベーターで2階に上がって中に入ると、自然光にあふれた開放的で明るい空間がありました。

店内に入ると、まずはその洗練された空間デザインに心を奪われます。どの部分を切り取っても絵になるインテリアの数々に、思わずシャッターを切る回数も増えていることに気づきました。

スタッフの横山加奈さんと石原千絵さんが、ほがらかな笑顔で出迎えてくれます。

店内にはカウンター席とテーブル席などがあり、お客さんが数名、本を読みながらくつろいでいました。棚やテーブルの上など、あちらこちらに花や植物が置かれているためでしょうか。空間が清々しく、優しいものに感じられます。
この場所でゆっくり自分と向き合う時間は、きっとすごく贅沢に感じられることでしょう。

さっそく、お店イチオシのドリンクメニューを二品いただくことにしました。

透きとおった薄黄色の「甘夏のソーダ(500円)」とほのかに香る「カモミールシトラスティー(680円)」が運ばれてきました。

「甘夏のソーダ」は甘酸っぱく、夏のバテ気味な体にスーッと染み込んでいくのがわかります。また、「カモミールシトラスティー」は、口にふくむと上品なハーブの香りがたっぷりと感じられ、癒し効果抜群です。

横山さん:「『甘夏のソーダ』は、期間限定のメニューで、自家製です。『Shelter KUKO cafe & gallery』では、料理やドリンクに旬の食材を使うことを心がけているので、季節によってメニューの内容も少しずつ変わるんです」

フードメニューに使われるお米は発酵玄米、野菜は無農薬のものを使用しているのだそうです。

横山さん:「心も体も元気でいるためには、バランスの摂れた食事がとても大事だと思うんですよね。」

仕事をしていると、時間に追われがちな毎日を過ごしてしまうこともしばしば。食事内容にかまう余裕がない時は、ついコンビニで買ったもので済ませてしまう、という人は私だけではないはずです。

横山さん:「日々の食事をもっと大切にしてほしい、また、食事を通して自分自身の体に向き合ってほしい、という気持ちから、カフェ内でのスマートフォンやPCの使用を遠慮していただいているんです」

スマートフォンを眺めながら食事をすると、食事を味わったり、よく噛んだり、といったことは当然おろそかになってしまいます。自然と、食事の時間も食事内容そのものも、乏しいものに感じられてしまうでしょう。

横山さん:「時間をかけて食事を味わうようにすると、心も体も満たされると同時に、自分の体に対する意識も変わると思うんです」

横山さんと石原さんは、助産師や看護師として働いていた経験を持っています。なぜ転身し、カフェで働くようになったのかを伺いました。

横山さん:「私が勤めていたのは、『終末期』にあるがん患者さんを専門に診るクリニックでした。余命がいくばくもない方も多くいらしていたのですが、ある時医師が『患者さんがゆったりと、明るい気分で過ごせる場所をつくりたい』とおっしゃって。私もそうした場所の必要性を強く感じていたので、できる限り協力したいと思いました」

癒しの場所であると同時に、多くの人が交流できる場所を、という考えから、このカフェをオープンしたと言います。やがてクリニックに通う患者さんや家族が訪れ、リラックスする姿が見られるようになったそうです。
また、近隣の会社に勤める人を中心とした人々も訪れ、おしゃべりや読書を楽しむようになりました。定期的に開催されているイベントも、大好評だそう。

定期開催のイベントの様子

また店内には、「水素カプセル」や「ミストサウナ」を体験できるスペースも併設されています。今回は、抗酸化や疲労回復といった効果が期待できる「水素カプセル」を、体験してみることにしました。

専用のカプセルに入り、鼻にチューブをつけます。やがて微かな風が鼻腔内に送られてきますが、不思議と違和感を感じません。15分ほど経過すると、だんだんと頭が冴えてきて、視界が明るくなってくるという、これまで体験したことがないような感覚に。全身もほぐされ、軽くなったようです。

横山さん:「水素には、有害な活性酸素を除去する働きがあるだけでなく、体内の炎症を抑える働きもあるため、続けるうちにアトピーや花粉症といったアレルギー症状が改善されることも多いです」

「Shelter KUKO cafe & gallery」は、自分と向き合い、心と体の声を聞くきっかけをくれる場所です。毎日あわただしく過ごすなかで、つい自分のことを後回しにしてしまっている人には、ぜひ自分へのご褒美に訪れてほしいと思います。

Shelter KUKO cafe & gallery

​東京都渋谷区元代々木町33-12 SHELT’N 2F

TEL:03-5738-8025

時間:11:00-18:00

定休日:月曜日・日曜日

https://kukocafe.wixsite.com/mysite

ライター

千葉県生まれ。食べ歩きとお酒、島巡りが好きです。ワインと日本酒の奥深さに感動し最近スクールに足を運んだりするようになりました。

カテゴリ―新着記事