【11/25-12/25】六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー「星空のイルミネーション」

街中が煌びやかに彩られはじめ、自然と気分が浮き立つクリスマスシーズンがやってきました。今年はいつもとちょっと違うクリスマスイベントに出かけませんか。

※イメージ

六本木ヒルズの屋上スカイデッキで開催される「星空のイルミネーション」。開催場所の屋上スカイデッキは関東随一の高さにあり「都内で最も空に近い場所」。期間中は、イルミネーション・最新技術のAR体験・大パノラマ夜景のコラボレーションが楽しめます。

展望台で貸し出されるタブレットをかさずと、まるで宇宙空間に入ったかのような感覚に。これを叶えるのが、3年連続で企画協力する開発ユニットAR三兄弟による最新AR(拡張現実、Augmented Reality)技術です。

※イメージ

タブレットの画面には、目の前の夜景に合わせて冬の星座の動物、中に入れる天球などが浮かび上がり、プラネタリウム気分も味わえます。タブレットで操作ができるので、自分好みに星の数や明るさを変えたり、天動説と地動説を切り替えたり、楽しみ方は人それぞれです。

※イメージ

また屋上スカイデッキでは、六本木天文クラブのイベントとして「今年最大の満月を愛でる会」(12月4日19:00~21:00)や「ふたご座流星群観望会」(12月14日19:00~22:00)も開催。こちらは、事前申し込み不要・参加費無料(※¹)です。天文の専門家と共に、都心にいながらにして本格的な星空観望を楽しむことができます。イルミネーションと夜景、さらに特別な天体ショーも一緒に観られたら思い出に残る時間が過ごせそうです。

(※¹)東京シティビュー/スカイデッキへの入場料 一般:2300円は必要)

特別なクリスマスには、ちょっと贅沢なディナーを。52階屋内展望回廊に隣接する、天空のレストラン「THE MOON」ではクリスマス限定のコース(予約制)、「THE MOON Lounge」ではクリスマス限定カクテルが提供されます。目の前に広がる夜景を見ながら、大切な人と過ごす大事なひととき。イベント期間中は屋上スカイデッキの営業時間が22:00まで延長されているので、ディナーのあとでもゆっくり空気の澄んだ冬の星空とイルミネーションを堪能できます。

さらに期間中屋内展望回廊ではジュエリーブランド「BVLGARI」ブルガリの展覧会が開催され、特別なクリスマスツリーも展示されます。

夜景と星空、最新AR体験、イルミネーションを同時に楽しむことができる「天空のクリスマス 2017」。今年の冬は、六本木ヒルズでしか味わえない特別な時間を過ごしてみませんか。

星空のイルミネーション@スカイデッキ

開催日:2017年11月25日(土)-12月25日(月)11:00-22:00(最終入場21:30)

※イベント期間のみ。通常は20:00までの営業。
※イルミネーション点灯、イベント時間は17:30-22:00。ただし、六本木天文クラブ開催日(12/4,12/14,12/22)は18:45まで。
※雨天・強風などの荒天時はクローズ。

開催場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 屋上「スカイデッキ」

アクセス:東京メトロ日比谷線 「六本木駅」1C出口 徒歩5分

チケット:詳しくはこちら http://www.mori.art.museum/jp/info/index.html#tickets

WEBサイト:http://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/441/index.html

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるコラム