【11/19】「保田小文化祭」鋸南町まるごと文化芸術の祭典

宿泊施設のついた珍しい道の駅「保田小学校」をご存知ですか? 「やすだ」と間違えた読み方で呼ばれることも多いという、こちらの地名。正しくは「ほた」と読みます。元々は施設名の通り小学校でした。廃校になった学校を、地域の大学生の意見を多く取り入れながらリノベーションして今の形にしたそうです。原型をなるべく残すよう工事したため、宿泊部屋(教室)には、黒板・勉強机・教科書などが残っており子供時代を再体験できる空間です。

その保田小にて今週末の日曜日、文化祭が開催されることになりました。日ごろから、お父さんやお母さんが昔を思い出しながら子どもと会話し宿泊することで、コミュニケーションを深める場にもなっている施設です。イベント当日も大人から子どもまで参加できる、多様な体験教室を企画しているのだとか。人気店「Da Pe GONZO」の本格的な石釜でピッツァを焼いたり、千葉県伝統工芸品である扇州うちわ作りをしたり。これからの季節部屋を飾るのにぴったりなリースを「里山の秋の素材」で作るなど、地域ならではの魅力あるワークショップが開催されます。

音楽を楽しみながら踊る「みんなでディスコ」企画や西アフリカで現地の太鼓「ジェンベ」を学んだ奈良大輔さんの演奏など、文化祭にはかかせないライブコンテンツも盛りだくさん。お腹がすいたら、旬の素材を使ったおやつ、パンなどのフードメニューをいただきましょう。せっかくの週末、ノスタルジー感じる非日常空間へおでかけしませんか。ここでしかできない宿泊体験も合わせてプラン立てをどうぞ。

「保田小文化祭」 鋸南町まるごと文化芸術の祭典

会期:2017年11月19日(日) 9:00-17:00 ※企画により時間が異なるため、各体験の詳細はWEBサイトをご確認ください。
会場:都市交流施設 道の駅保田小学校(千葉県安房郡鋸南町724)
アクセス:【車でお越しの場合】富津館山自動車道 鋸南保田IC インター信号左折してすぐ
【電車でお越しの場合】JR内房線「保田駅」から徒歩約13分
WEBサイト:
https://www.facebook.com/events/159039304691122/

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるコラム