【9/30-10/1】今週末行きたい! おすすめイベント6選

夜風が涼しいですね。9月の終わり、10月の初めとなる今週末。大型イベントが目白押しとなりました。迷ってしまうくらいなら、ぜんぶ行ってみましょうか、! 今週も編集部よりおすすめイベントのご紹介です。

おすすめ①その街、まるごと美術館

【六本木】六本木アートナイト 2017

六本木アートナイト

2日限り、六本木の街をアートで満たすお祭りが今年もやってきました。メインプログラム・アーティストに蜷川実花、街中でのインスタレーションにはスイッチ総研をはじめ数えきれないほどのアーティストが登場。喫茶店や商業施設など街中でイベントが開催されます。また今年は、川田十夢(AR三兄弟)、落合陽一による「森の学校」(六本木未来会議)が行われるなど、新時代の芸術表現にも着目。芸術の秋、街ぐるみの大きな美術館へでかけるように、六本木を夜通し楽しみませんか。

蜷川美花

蜷川実花《Tokyo Followers 1》

開催期間:2017年9月30日(土) 10:00-10月1日(日) 18:00
コアタイム:9月30日(土) の日没(17:27)から、10月1日(日) の日の出(5:36)まで
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
Webサイト:
http://www.roppongiartnight.com/

おすすめ②人工島アートプロジェクトの夜明け

【大田区京浜島】鉄工島フェス

東京都大田区京浜島。羽田空港の目の前、鉄工所を多く有するこの地区に、住民1名、面積たった1.03平方キロメートルの小さな人工島があります。この島でのアーティスト活動を根付かせようと昨年生まれた「BUCKLE KÔBÔ」プロジェクトが、コンセプトを体現するフェスティバルを始動。会田誠や美術手帖の岩渕貞哉が関わる「根本敬ゲルニカ計画」、音楽アーティストに七尾旅人、電気グルーヴの石野卓球など、初開催とは思えない骨太なラインナップ。東京に新たな芸術祭が誕生する日を目撃しては。

鉄工島フェス

左上より時計回りに七尾旅人、会田誠と根本敬、石野卓球、PBC、TRI4TH

開催期間:2017年9月30日(土) 11:00-18:30、10月1日(日) 11:00-20:00
開催場所:須田鉄工所、BUCKLE KÔBÔ、京浜島防災公園
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
Webサイト:
http://www.tekkojima.com/

おすすめ③宇宙が最も近くなる日

【つくば】筑波宇宙センター特別公開

(C)JAXA

ユーリィ・ガガーリンがはじめて宇宙飛行を達成したのは、1961年のこと。それから50年以上の間、月面着陸、人工衛星、国際宇宙ステーション、火星探査機など、宇宙開発は進化し続けています。つくばにある国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターは、宇宙開発における最前線の現場です。普段入ることのできない施設の内部や、宇宙飛行士との交流イベントなどを行う、年に1度の特別公開が行われます。事前申し込みのイベントはすでに募集終了していますが、宇宙を体験できるVRや、宇宙飛行士が訓練する施設の見学、ワークショップなど、自由参加の催しはまだまだ盛りだくさん。JAXAによる”学園祭”のような1日を、つくばで過ごしませんか。

筑波宇宙センター

(C)JAXA

開催日:2017年9月30日(土) 10:00-16:00
開催場所:筑波宇宙センター
アクセス:つくばエクスプレス線「つくば駅」、JR 常磐線「ひたち野うしく駅」より無料バスあり
Webサイト:
http://fanfun.jaxa.jp/event/detail/10174.html

おすすめ④海と空、物語

【城ヶ島】星降る町の映画祭

相模灘に突き出た城ヶ島は、緑豊かな県立公園として人々が憩う島。この土地で、日本映画界を担う若き才能を応援する映画祭が開催されます。編集部の注目作は林隆行監督の「浅草スマイル」。2015年公開の名作「恋人たち(橋口亮輔監督・脚本)」で圧倒的な存在感をみせた篠原篤が主演をつとめます。普段のセレクトから一歩踏み込んで、新しい日本映画に出会いませんか。会場には三浦半島のグルメも集まります。やわらかな海風を感じながら、物語にひたる週末をどうぞ。

開催日:2017年9月30日(土) 11:00-22:00(21:00上映終了予定)
開催場所:神奈川県立城ヶ島公園
アクセス:
京浜急行「三崎口」駅から「城ヶ島」行きバスで20分、「白秋碑前」下車、徒歩5分
入場:無料
上映作品:
18:25-18:50「巣鴨救急2030」(監督:高島優毅、出演:鈴木裕樹、高松信太郎 ほか)
19:10-19:55「浅草スマイル」(監督:林隆行、出演:篠原篤・川村紗也・森優作 ほか)
20:15-20:45「大津 city 今恋心」(監督:太田信吾、出演:ダンシング義隆・河合正雄・松浦円一郎・Donメグ ほか)
※そのほか、日没まで監督によるトークショーや城ヶ島映像&サンセットライブなど
Webサイト:
https://star-cinema-festival.com/

おすすめ⑤わざと手がつくりだす宝物

【銀座】銀座・手仕事直売所

二日市

左から<nukkua/手織り>ブローチ、<JEUJYEI/レースアクセサリー>ピアス、<安部太一/陶器>洋杯、<岡田崇人/陶器>ピッチャー、<副島健太郎/茶器>薄手茶器・茶托、<小泉硝子製作所/ガラス>ネルドリッパー、<能登デザイン室/生活道具>ランプスタンド、<AH Paper Accessory/和紙のアクセサリー>コサージュ

日本全国に根付く、ものづくりの技術。職人が手塩にかけた家具や焼き物、挽き物、ガラスや竹細工といった様々な製品が集まる直売会が開催されます。編集部の注目は「二日市」と呼ばれる、2日間ずつの期間限定の出店企画。今週末は金曜・土曜と日曜・月曜で入れ替えなので、ぜひ両日のぞいてみてください。毎日の景色に一つ、こだわりの品を加えませんか。

開催期間:2017年9月27日(水)-10月2日(月) 10:00-20:00※最終日のみ17:00閉場
開催場所:松屋銀座8階イベントスクエア
Webサイト:
http://www.matsuya.com/m_ginza/event/details/20170927_teshigoto_8es.html

おすすめ⑥あなたのデザインと育ちました

【ノエビア銀座ギャラリー】亀倉雄策没後20年「亀倉雄策のポスター」

「東京 1964 オリンピック」「大阪万国博覧会」など、今なおわたしたちに鮮烈な印象を残す亀倉雄策のデザイン。1987年から11年続いた化粧品メーカー・ノエビアの広告ポスターも、彼のアートディレクションによるものです。没後20年となる今年、10周年を迎えたノエビア銀座ギャラリーにて、亀倉雄策のポスターを展示し、その足跡をたどります。日々目にする広告デザインの、元祖ともいえる作品の数々をご覧ください。

開催期間:2017年9月4日(月)-11月2日(木) 10:00-18:00(土・日・祝日は17:00まで)
前期:2017年9月4日(月)-9月30日(土)
後期:2017年10月2日(月)-11月2日(木)
※10月1日(日)は、展示替えのため休館
開催場所:ノエビア銀座ギャラリー
チケット:入場無料
Webサイト:
http://gallery.noevir.jp/kamekura2/

haletto編集部より、おすすめイベントのご紹介でした。今週も、みなさんに新しい出会いがありますように。素敵な週末をお過ごしくださいね。

編集/ライター

埼玉県生まれ。池袋偏愛の編集担当。名画座、着物、紹興酒が大好き。興味の基本はアート・デザイン・建築。好きな色は、とにかく赤。カラオケは、昭和歌謡が十八番。歩くのが異常に早い。よくいるところは純喫茶。