【満席御礼】【浅草怪談ナイト】不思議なことっておこるんですねぇ ― HASHIGO×haletto

浅草怪談ナイト

真夏の夜、ちょっぴり涼しくなる【怪談落語】をぜひ! 浅草にお越しください。

8月末。夏もそろそろ終わりかな、なんて思いながらも、残暑厳しい日が続いているのが毎年の常です。
じりじりと暑い夏の夜。気温は高くても、気持ちだけは少し冷んやりしませんか。

halettoが主催する【怪談落語】。
今注目の若手落語家「林家木りん」さんが臨場感たっぷりに落語を披露します。

場所は、東京・浅草に残る江戸時代に建てられた「蔵」。
にぎやかな観光地としてのイメージが強い浅草ながら、その浅草の「夜の表情」を発信する「HASHIGOプロジェクト」さんご協力で【怪談落語】をお伝えします。

夜の浅草

【怪談落語】を聞いた後は、提燈を持った「林家木りん」さんとともに、夜の浅草の街を散歩します。どんなルートを通るかは当日のお楽しみ。

【怪談をお届けする落語家】
■林家木りん
師匠は笑点でおなじみの林家木久扇氏。浅草が地元の落語家、林家木りんさんをお招きします。
■立川かしめ
落語立川流立川こしらの弟子の立川かしめさん。今回は、前座として林家木りんさんと一緒に「浅草怪談ナイト」をお届けします。

【演目】
■お菊の皿
美しい幽霊「お菊」を見たいと考えた物好きな浅草あるの住人が、番町の廃屋敷まで出掛けていく。

【会場について】
■浅草ギャラリーエフ

ギャラリーエフ

1868年(慶応4年/江戸時代末期)、浅草に材木問屋の内蔵として建てられた土蔵を有志が再生したアートスペース。1997年4月オープン、1998年文化庁登録有形文化財として登録。関東大震災と東京大空襲をくぐり抜け、江戸の建築を現代に伝える歴史ある建物です。
今回の「浅草怪談ナイト」にぴったりの、冷んやりした空気が漂います。

ここだけでしか実現できない、一夜限りの「浅草怪談ナイト」。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【タイムテーブル】

18:20 開場
19:00 開演のご挨拶
19:10 前座
19:30 お菊の皿
20:00 休憩
20:20 夜の浅草散歩
21:00 終了予定

※当日のプログラムは多少変更する可能性があります。

お申込みページはこちら

【浅草怪談ナイト】不思議なことっておこるんですねぇ - HASHIGO×haletto

日時:8月26日(土)  19:00-21:00(開場18:20/開演:19:00)
会場:浅草ギャラリーエフ(東京都台東区雷門2丁目19−18)
アクセス:東京メトロ浅草駅から徒歩2分
参加費:2,000円 (ワンドリンクオーダー制)
定員:20名
特典:浴衣を着てお越しいただいた方には、当日プレゼントを準備しています。
チケットのお申し込みはこちら

※注意事項※
・お申込み後のチケットキャンセルは受け付けませんのでご了承ください。
・大幅に遅れての参加となってしまった際は、キャンセル扱いとさせていただく場合がございます。その際もご返金はいたしかねますので予めご了承ください。
・イベント中に取材が入る可能性がございます。またイベントスタッフによる写真やビデオ撮影等を予定しております。撮影されました内容は、後日主催者や協賛会社によるイベントの開催レポート等に使わせていただくことがありますので予めご了承ください。

主催:
株式会社CHINTAI haletto編集部
swarm.tokyo  HASHIGOプロジェクト

halettoは、アラウンドサーティーに贈る、まだ知らないTOKYOの新ガイドブック。知っているようで知らなかった東京という街の魅力を紹介します。都心だから守られた豊かな自然、歩いてみてわかった街のすがたとそこに住むひと、美味しい発見。あなたが素敵な休日を過ごすための情報をWebマガジンで発信、ワークショップ・イベントを通して価値観を伝えます。