桜新町の美味しいおばあちゃんの味   おはぎ専門店「タケノとおはぎ」

2016年1月、桜新町にオープンしたおはぎ専門店「タケノとおはぎ」には、早朝から手作りのおはぎが7種類並びます。

店長の小川寛貴さんは、お隣のデリ「エプロンズフードマーケット」も運営しています。小川さんの祖母であるタケノおばあちゃんが作るおはぎが大好きだそうで、でも小さい時は、実は和菓子自体があまり得意じゃなかったそうです。おばあちゃんが体調を崩して、もうおはぎが作れなくなるという時に、その味を受け継ぎました。

そして「エプロンズフードマーケット」の隣に「タケノとおはぎ」を開店しました。

小川さん:「祖母のつぶあんとこしあんを使ったおはぎをメインに、ドライフルーツやナッツ、ハーブなども使ってみようと思いました」

(つぶあん、180円)

(こしあん、180円)

新しいメニューのひらめきは長年続けているお惣菜デリから。変わり種のあんの多くが白インゲン豆を使ったこしあんを使用しています。白いんげん豆はハーブとの組み合わせも相性がいい食材だと小川さんは話します。

お店に並ぶおはぎを見せてもらいました。夏の人気商品は、フレッシュプラムを使った「プラムと白あん」。甘い香りとジューシーさが白あんの中に表現されたおはぎで、見た目も真っ赤なプラムのようです。

「ゴマとあんず」もあんずの酸味とゴマの香ばしさが白あんにトッピングされています。ココナッツの下に見え隠れする青色が目を引く「ココナッツブルー」は青い花のハーブティーとドライパイナップルを白あんに練り込んで、上にココナッツパウダーを乗せたものです。

(ごまとあんず、280円)

ほかにも「いよかんとカルダモン」など清涼感のあるスパイスといよかんの甘酸っぱさを組み合わせたものなど、今まで聞いたことがないような味の組み合わせにどれを選ぶか迷ってしまいます。

オープン当初から販売している4種の有機ナッツを使った「ナッツ」は小川さんもお気に入り。藻塩と八重桜を作った「桜」も人気です。

(藻塩と八重桜、250円)

砂糖の糖度を上げると食材本来の風味や甘味が消えてしまうため、「タケノとおはぎ」のおはぎは、甘さが控えめ。食材も産地や有機にこだわっていて、サイズも小ぶりの可愛らしい大きさです。これなら罪悪感を抱くことなく、女性でも一度に3個ぺろっと。

定番から他ではお目にかかれないようなユニークなおはぎは、1個から購入することができ、3個以上購入すると竹製のわっぱに入れてもらえます。

せっかくなので、私も店長の小川さんイチオシの「ナッツ」と青い外見が気になる「ココナッツブルー」、「つぶあん」の3種類のおはぎを購入しました。

わっぱに入れられた状態もとてもかわいいし、封をする際に8種類から選べるマスキングテープもおしゃれでテンションが上がります。

食べてみると、「つぶあん」はとても上品な甘さで、アズキ本来の風味がしっかりと引き立っていて、何個でも食べれそう。

「ナッツ」は白あんとナッツの香ばしさがほど良くマッチ。これはワインに合わせても楽しめそう。男女問わず人気があるだろうな、と思いました。

(ナッツ、280円)

(ココナッツブルー、280円)

青色のココナッツブルーは、上に乗ったココナッツの風味が豊かで、ケーキを食べているような感じでした。

タケノとおはぎの店頭には看板がありません。店内もギャラリーのような静かな空間で、おはぎを選んでいる時間も楽しんでもらいたいという小川さんの思いが伺えます。

(デコポン、250円)

「おばあちゃんのおはぎ(こしあん・つぶあん)をたくさんの方に食べてもらいたい」という思いから始まったおはぎ専門店ですが、今ではこしあん・つぶあんはもちろん、日替わりで登場する変わり種もお客さんを集めています。

小川さん:「秋メニューとして、おいもや栗を使ったおはぎを考えています」

秋の味覚をお酒につけたりスパイスを効かせたりしたおはぎを考案中とのことで今から楽しみです。

この夏は他では見ることができないかわいいおはぎを持って、大切な人に会いに行きませんか。

 

タケノとおはぎ

住所:東京都世田谷区桜新町1-21-11-1階
TEL:03-6413-1227
営業時間:12:00-18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜日・火曜日 ※7/31(月)~8/22(火)夏季休暇
タケノとおはぎFacebook:
https://www.facebook.com/タケノとおはぎ-1665389700383515/

ライター

福島県生まれ。旅行やお祭が大好きで、日本全国あちこち周っています。猫好きの猫ストーカーです。

この記事が気に入ったらhalettoにいいね!
記事やイベントの最新情報を受けとろう

うわさの特集

友だちのはなし

おすすめ記事

カテゴリ―新着記事