雨・鎌倉・あじさいの美しさ - あじさいワークショップを開催しました

6月25日、鎌倉で「6月の雨を楽しむ。halettoのあじさいワークショップ」を開催しました。青山フラワーマーケットが運営するフラワースクール「hana-kichi」とhalettoとのコラボレーションです。

朝から、雨が降ったり止んだり。雨でも、鎌倉はたくさんの人で賑わっています。ワークショップの会場は鎌倉駅から徒歩15分ほど歩いた閑静な住宅地にある古民家カフェ「燕CAFE」。築80年の古民家を改装した造りは趣があり、田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような雰囲気に、心がほっと和みます。

午前、午後の2回開催。午後の参加者は17人で、ほぼ皆さん「フラワーアレンジメントは初めて」という方ばかりでした。花材やオアシス、竹かごの花器を見て「うまくできるかな」とそわそわしています。

まずは「hana-kichi」の松葉麻由さんが、花材を説明します。今日のアレンジのメインは「あじさい」。深い紫色や青色と水色のグラデーション、白色などあじさいを用意しました。

松葉さん:「あじさいの花は土が酸性だと青く、アルカリ性だとピンク色に染まります。日本では土壌の多くが酸性なので、青色のあじさいが主流なんです。それから皆さんがあじさいの花弁だと思っているところ、実は『ガク』だってこと、ご存知でしたか?」

「ガク」とは、花の一番外側についている葉っぱのような部分のこと。普通の花ではあまり目立たない部分ですが、あじさいはこの「ガク」がまるで花びらのように見えるのです。

あじさいの茎の内側にある白いワタ状のものは、水あげの妨げになるのでハサミの刃の部分で取り除いてから使う、など花に関する豆知識や長持ちさせるコツなどを織り交ぜながらのトークに、参加者はメモをとったり大きくうなずきます。

あじさい以外にもベルのような形が可愛いらしい「クレマチス」、ネギ科の花で球状に紫の小さな花をつける「アリアム」、糸のような細い穂がしゃらしゃらと揺れる「スモークグラス」、しずく型の濃い緑の葉が特徴的な「ヒメミズキ」、さらにブルーベリーなど、葉ものや実ものも充実。

一通りの説明が終わった後は、早速実践です。「茎は斜めにカットしてくださいね。その方がオアシスに挿しやすく、お花が水を吸い上げやすいですよ」と松葉さん。この日のアレンジメントのデザインも考案しています。

松葉さん:「古民家と鎌倉というロケーションと、初心者の方でも扱いやすい和花材で、今日のアレンジメントのデザインを考えました」

生け花が「引き算の美学」と言われるのに対し、フラワーアレンジメントは「足し算の美学」が根底にあると話すのは、講師の一人である高木舞子さん。全体のバランスを見ながら数種類の花材を順にオアシスに差し込み、演出します。

高木さん:「足し算、と言っても全ての空間を埋めるとバランスが崩れてしまいます。今日は『和』のデザインなので侘び寂びの風情をアレンジに取り入れていきましょう」

空間をあけすぎず、埋めすぎず、という難しいように見えるアレンジですが「左右に配置した大小のあじさいの真ん中に、日本庭園のあぜ道を残すようなイメージで」という高木さんのアドバイスで皆さん納得した様子でした。「このあぜ道は広すぎ? 狭すぎ? 」と参加者同士、さまざまな角度から互いのアレンジを見てバランスを調整していきます。

講師の池田絵美さんからも、全体のバランスに関するアドバイスをもらいます。

池田さん:「今回のメインはボリュームのあるあじさいで、花器も高さのないものなので、クレマチスやスモークグラスなどの長さのあるものを斜めに挿して、動きをつけてみてください」

試行錯誤しながらも、机の上には各々の作品が出来上がっていきます。一時間も経過すればあちこちから「できた」「かわいい」と声が聞こえ始め、自ずと撮影会が始まりました。

鎌倉まで紫陽花アレンジメントのワークショップに行って来ました*(^o^)/* 「6月の雨を楽しむ」というコンセプトだから、今日は雨が降っててなんぼ…でも移動中はほぼ傘がいらなくて助かった笑 大好きな紫陽花をさわって夢中(*´ー`*)ラッピングまで仕上がったアレンジメントにアフタヌーンティー付きで楽しめましたv #haletto#青山フラワーマーケット#燕カフェ#鎌倉#ワークショップ#アレンジメント#紫陽花#コンセプト#体験#梅雨#6月#雨#楽しいこと#参加#良かった#おみやげ#風情#季節#夢中#和風#古民家#鎌倉あじさいワークショップ#丁寧#くらし

A post shared by はやし じゅんこ (@rinrinhouse884) on

参加者:「三角形のレイアウトを意識してブルーベリーを挿したら、全体に統一感が出ました」
参加者:「長方形の器でバランスを取るのが難しく感じたけど、左右に強弱をつけたらバランスの良いアレンジに仕上がりました」

青山フラワーマーケットといえば、店先の可愛い黒板アートも印象的です。今日はその「レタリングアート」についても教えてもらえる特別なミニ講座もありました。高木さんから、ペンで描ける簡単で可愛いあじさいのイラストの描き方をレクチャーしてもらいます。「ひし形を4つ描いて楕円形に並べていくと可愛いあじさいに仕上がりますよ」と、ここでも全体の構図を意識したアドバイスがありました。

持ち帰り用にアレンジメントをラッピングした後は、「燕CAFE」特製のアフタヌーンティーでお茶会です。この日のために用意してもらった自家製梅ジャムのクロワッサンや人参とツナのサラダサンド、かぼちゃサラダ、あんみつ、台湾デザートの豆花(トウファ)など、おしゃれで美味しいカフェプレートに参加者の皆さん大満足。

笑顔の花が咲き、和気あいあいとした和やかな雰囲気の中、イベント終了です。雨の音を聞きながら、花に触れ、古民家カフェのメニューでお腹を満たす、五感で楽しむ充実のイベントとなりました。

 

フラワースクール hana-kichi

東京都港区南青山5-1-2 エリービル6F

アクセス:東京メトロ「表参道」駅A4出口から出てすぐ

TEL:03-3797-0704

受付時間:10:00-21:00(火~金)、10:00-19:00(土・日・祝)

https://www.hana-kichi.jp/

古民家カフェ 燕CAFE

神奈川県鎌倉市小町3-2-27

アクセス:鎌倉駅東口より徒歩約10分

TEL:0467-84-7025

営業時間:10:30~17:00(平日)、10:30〜18:00(土日祝日)

定休日:毎週火曜日 (祝日の場合は営業)、第3・第5 水曜日(祝日の場合は営業)

https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

 

編集・ライター

茨城県生まれ。旅行、スイーツ、下町大好き。きっちり計画立てるより、無計画でのサバイバル感に惹かれます。日焼けしやすく戻りにくい。最近始めたランニングによるくつ下焼けがほんのり自慢。

この記事が気に入ったらhalettoにいいね!
記事やイベントの最新情報を受けとろう

友だちのはなし

おすすめ記事

カテゴリ―新着記事