【2017】今年行きたい!東京のおすすめ花火大会4選

夏の気配が濃くなってきましたね。
halettoから都内近郊で開催される花火大会をご紹介します。周辺のおでかけスポットも一緒にご案内しますので、ぜひ花火だけでなく街ごと楽しんでいただけると嬉しいです。花火の情報は随時更新していきますのでお楽しみに。

海からあがる花火をみたいなら。

【7/19】鎌倉花火大会2017~みんなでつくる花火大会~

写真提供:鎌倉市観光協会

鎌倉海岸から見上げる花火大会。実は今年の開催は中止の予定だったのだとか。各所からの熱い後押しを受け、市民の主導のもと花火大会の復活が決定しました。プログラムは一景~六景まであり、私が気になったのは「サポーターズ花火」。鎌倉花火大会に出資すると会場で名前とメッセージが読み上げられ、自分だけの花火が打ち上がる企画です。大切な人に向けて思い出に残る花火を贈ってみませんか。

鎌倉のおすすめスポット記事はこちら

会期:2017年7月19日(水)
打ち上げ時間:19:20-20:10
会場:鎌倉海岸 由比ヶ浜海岸・材木座海岸
打上数:約2,500発(予定)
WEBサイト:http://hanabi.kamakura-info.jp/

臨場感満点の花火を近くでみたいなら

【7/25】葛飾納涼花火大会

今回で51回目を迎える花火大会。今年の見所は新たな歴史の幕開けとして行われる、ナイアガラの滝のオープニング。葛飾の場所にちなんで、「男はつらいよ」の寅さんが表現されるステージも行われます。観客席から打ち上げ場所が近いので、都内でも屈指の臨場感を味わえます。

亀有のおすすめスポットはこちら

会期:2017年7月25日(火)
打ち上げ時間:19:20-20:20
会場:葛飾区柴又野球場(葛飾区柴又7-17-13)
打上数:約13,000発
WEBサイト:http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1014488.html

 

スカイツリーにかかる花火をみたいなら

【7/29】 隅田川花火大会

江戸時代から続く花火大会。打ち上げ場所は2箇所あり、時間差で打ち上げられます。見どころは、2012年よりスカイツリーと一緒に見れるようになったこと。ビルの谷間から上がる花火と、スカイツリーとのコラボレーションは圧巻です。

浅草について紹介している記事はこちら

会期:2017年7月29日(土)
打ち上げ時間:第一会場 19:05-20:30,第二会場 19:30-20:30
会場:
第一会場 桜橋下流~言問橋上流
第二会場 駒形橋下流~厩橋上流
打上数:約22,000発
WEBサイト:http://hanabi.kamakura-info.jp/

全国で優秀な成績を得た花火「芸協玉」をみたいなら

【7/29】立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

こちらは「一尺五寸玉」というとても大きな花火があがるダイナミックな花火大会です。また、全国の花火大会において優秀な成績を得た「芸協玉」も登場します。打ち上げ開始から終了までの1時間、観客を飽きさせない演出が特色です。

周辺のおすすめスポット記事はこちら

会期:2017年7月29日(土)
打ち上げ時間:19:20-20:20
会場:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ(立川市緑町3173)
入園料:大人 410円
打上数:約5,000発
WEBサイト:http://www.tbt.gr.jp/hanabi/

 

以上。おすすめの花火大会のご紹介でした。今年も、みなさんが素敵な夏を過ごせますように。

編集/ライター

鳥取県生まれ、横浜育ち。暇さえあれば、旅行へ行きたい。おなかが空いたら、お肉で胃を満たしたい。好きなことは、ドライブ、牧場、カフェ、目覚ましをかけずに寝ること。

この記事が気に入ったらhalettoにいいね!
記事やイベントの最新情報を受けとろう