【7/15-17】今週末行きたい!おすすめイベント7選

7月17日は海の日、ゴールデンウィークぶりの連休です。
今週はhaletto編集部より、涼しみながら楽しめるイベントを中心にご紹介します。室内で開催される変わった切り口の展示会や、夏の涼を感じられるイルミネーションなど。暑さを忘れて、外へおでかけしませんか。

おすすめ①街歩きや写真が好きなら。

【外苑前】“写ルンです”で、あの人は。produced by cowcamo

撮り直しのきくデジタルカメラではなく、目の前の瞬間にすべてを注がなくてはいけない使い捨てカメラ“写ルンです”。この企画では「あの人に“写ルンです”を渡したら、どの街の、何を写すのだろう?」をコンセプトに、三吉彩花や小山田早織など16人のクリエイターが参加します。東京の街や暮らしの一瞬を彼らはどのように切り取るのでしょうか。

会期:2017年7月15日(土)-7月21日(金)10:00-18:00
会場:サンワカンパニー東京ショールーム(港区南青山2-26-1 南青山ブライトスクエア1F)
アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前駅」 徒歩1分
入場料:無料
WEBサイト:https://utsurundesu.cowcamo.jp/

おすすめ②発見のある展示をみたいなら。

【有楽町】無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ

写真提供:株式会社良品計画

オタマトーンや魚コードといったユニークな「ナンセンスマシーン」の開発で知られるアート・ユニット明和電機と、誰もがなじみのある無印良品の製品とを比較する展覧会。朝起きてから寝るまで使っているたくさんの道具。これらは誰がどうやって考え、どのようにつくり、どんな人が使うのでしょうか。この企画では、そんな素朴な疑問を考えるきっかけを与えてくれます。ふだん見過ごしている何の変哲もないことに、実はものすごいことが潜んでいるのかもしれません。

写真提供:株式会社良品計画

会期:2017年6月30日(金)-8月27日(日)10:00-21:00
会場:無印良品 有楽町2F(千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町)
アクセス:JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」京橋口,東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D9出口,東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」1番出口 徒歩3分
入場料:無料
WEBサイト:https://www.muji.com/jp/events/7108/

おすすめ③屋外でゆったりと読書をしたいなら。

【日本橋】本との土曜日

毎月、日本橋のBETTARA STANDで開催されている「本との土曜日」。今回のテーマは「旅のはじまり、はじまりの本」と題し、旅に関する書籍や雑誌のみで構成する本のマーケットを行います。会場はフードも充実しており、ゆったり過ごす来客者が多いのも特長。テーマに関するトークセッションも同日開催します。

会期:2017年7月15日(土)11:00-16:00
会場:BETTARA STAND 日本橋(中央区日本橋本町3-10-1)
アクセス JR総武線「新日本橋駅」徒歩3分 東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前駅」徒歩7分
参加費:無料
トークセッション:16:30-18:00 ※参加料1,500円(ドリンク付き)
WEBサイト:https://www.facebook.com/hontonodoyobi/

おすすめ④夏らしいイルミネーションをみたいなら。

【六本木】MIDTOWN LOVES SUMMER 2017

東京ミッドタウンで行われる夏のイベント。「日本の夏の涼を五感で愉しむ」をテーマに、花火、足水、風鈴といった夏の風物詩を都心ならではのスタイルで体験できます。夏の夜空をひかり花火で彩るイルミネーション「SUMMER LIGHT GARDEN」は4日間限定で本物の仕掛け花火と連動した特別演出も開催。そのほか、ウォッカブランド「スミノフ®」とコラボレーションしたカフェも登場します。

会期:2017年7月14日(金)-8月31日(木)
開催時間:11:00-23:00(※イベントにより異なります)
会場:東京ミッドタウン(港区赤坂9丁目7-1)
アクセス:都営地下鉄大江戸線 「六本木駅」 8番出口直結,東京メトロ日比谷線 「六本木駅」 地下通路直結,東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」 3番出口 徒歩3分
入場料:無料
WEBサイト:www.tokyo-midtown.com

おすすめ⑤海沿いにおでかけをしたいなら。

【湘南T-SITE】第20回湘南 蚤の市

毎月第3月曜日・火曜日に開催している「湘南 蚤の市」。こちらでは本場フランス、プロヴァンスの蚤の市を再現しています。プロヴァンスは南東にある大変美しい海辺の街。ここで行われる蚤の市はフランスをはじめヨーロッパ中からこだわりを持った骨董品や服、お花などが集まってくるのだとか。湘南T-SITEにも全国からヨーロッパのアンティークやビンテージ商品の名店が集まります。フードブースもあるので、テラス席で夏の気持ちよさをゆっくりと楽しむことができます。

会期:2017年7月17日(月)-18日(火)9:00~16:00
会場:湘南T-SITE(神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1)
アクセス:JR東海道線「藤沢駅」藤沢駅北口2番バス乗り場 6分「藤沢SST前」 徒歩1分,小田急電鉄江ノ島線「本鵠沼駅」 徒歩15分
WEBサイト:
http://real.tsite.jp/shonan/event/2017/06/20-nominoichi.html

おすすめ⑥初心者の方でも芸術に興味があるなら。

【渋谷・Bunkaura】ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

ジャン・デルヴィル 《レテ河の水を飲むダンテ》 1919年 油彩・キャンヴァス 姫路市立美術館

ベルギーやフランドル地域において活躍したボス派、マグリット、ヤン・ファーブルなど総勢30名の作家による約120点のコレクションが展示されます。産業革命以降、空想でしかありえないモチーフが多く描かれたこの地域は、個性豊かな作家たちを輩出しました。また、絵画や版画の展示だけでなく、音やインスタレーションなどの演出もみどころ。ただの絵画鑑賞にとどまらず、500年にわたる芸術の発展を、五感で楽しむ企画展です。

ヒエロニムス・ボス工房 《トゥヌグダルスの幻視》 1490-1500年頃 油彩・板 ラサロ・ガルディアーノ財団 © Fundación Lázaro Galdiano

会期:2017年7月15日(土)-9月24日(日)
開館時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで) ※(金)(土)は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日:7月18日(火),8月22日(火)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷区道玄坂2-24-1)
アクセス:JR,東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線,京王井の頭線、東急東横線,田園都市線,「渋谷駅」徒歩7分
入場料:一般 1,500円
WEBサイト:
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_belgium/

おすすめ⑦海外の美術館に興味があるなら。

【上野・東京都美術館】ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション

All Photographs © 2017 Museum of Fine Arts, Boston

世界屈指の規模と知名度を誇るボストン美術館が、選りすぐりの傑作を80点展示します。見どころは日本で初めてとなるファン・ゴッホの傑作、「ルーラン夫妻」の肖像画が2点揃って展示されること。この展覧会ではボストン美術館に作品を寄与した収集家たちにスポットをあて、「なぜこの作品を欲したか」という新たな視点で、名作の魅力をより深く知ることができます。

All Photographs © 2017 Museum of Fine Arts, Boston

会期:2017年7月20日(木)-10月9日(月)
開室時間:9:30-17:30 ※(金)は20:00まで ※7/21,28,8/4,11,18,25は21:00まで
会場:東京都美術館 企画展示室(台東区上野公園8-36)
休室日:月曜日(ただし8/14,9/18,10/9は祝日のため開室),9月19日(火)
アクセス:JR「上野駅」公園口 徒歩7分,東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口 徒歩10分,京成電鉄「京成上野駅」徒歩10分
入場料:一般 1,600円
WEBサイト:http://boston2017-18.jp/

以上、おすすめのイベントのご紹介でした。今週も、みなさんが素敵な時間を過ごせますように。良い週末をお過ごしくださいね。

【7-8月のSNSイベント】

Instagramで“マイ夏”の投稿を募集します。季節を楽しめる女性って素敵ですね。今回は夏だからこそ行きたい場所、見えた景色をInstagramで募集します。あなたが夏を感じた場所を写真で切り取ってみませんか。

応募期間:8月31日(木)まで

詳しくはこちら

halettoは、アラウンドサーティーに贈る、まだ知らないTOKYOの新ガイドブック。知っているようで知らなかった東京という街の魅力を紹介します。都心だから守られた豊かな自然、歩いてみてわかった街のすがたとそこに住むひと、美味しい発見。あなたが素敵な休日を過ごすための情報をWebマガジンで発信、ワークショップ・イベントを通して価値観を伝えます。