【scene 02 ― 雨の東京ウィークエンド】雨の日を楽しむプレイリスト 【haletto record, June】

ぽつぽつ、ぱらぱら、しとしと。
雨のしずくの音で目覚める、今日この頃。梅雨の季節が始まりました。薄暗い曇りの日、気温が下がって少し肌寒くなる朝。雨が降ったり止んだり、しとしと降る雨の日が続きます。外にでかけるのに濡れた傘を持ち歩かなければ行けない梅雨は、どうも気分があがらない。

そんな雨の日も外へでかけてみると、日常の風景が少し変わって見えてきます。雨の日独特のアスファルトの匂い。カラフルで個性的な傘に溢れる交差点。雨が上がったときにビルの間から顔を出す空の虹。雨に気を取られ足元を見がちな雨の日は、傘を持ち上げ、少し目線をあげてみると雨の日ならではの発見が待ち構えています。

せっかく梅雨の季節、その季節を楽しまないともったいない。
そうだ、雨の日に聞きたい音楽を流して梅雨の季節を楽しもう。

365日の中でも雨の日が比較的晴れの日と比べて少ないからか、なぜか晴れている日より雨の日の方が思い出に残っているエピソードが多い。今回は、僕が「雨」というキーワードで考えたとき、聴きたい10曲をお届けします。

 

①『雨の降る日に』オフコース/

引用元:amazon.co.jp

オフコースは1969~1989に活動していたAOR(Audio-Oriented Rock)を代表する日本の音楽グループ。彼らのデビュー初期の名盤と言われていた、『ワインの匂い(1975)』のオープニングを飾る曲を選曲。梅雨は、気分が沈むこともありますが、その気持ちに逆らわず、たまにはどんよりした曲に浸るのもいい。イントロで聞こえる車の走行音は、豪雨の中、愛車「セリカ」の音を、そのまま収録したとか。

詳しくはこちら

②『Rhythm Of the Rain(悲しき雨音)』The CASCADES/

引用元:amazon.co.jp

アメリカン・ポップスを代表する名曲で、1962に収録。ビーチボーイズやカーペンターズ好きの父が学生時代によく聞いていた曲で、昔家にあったSonyのカセットテープで聞いていた。ドリーミーな歌声とメロディーは、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

詳しくはこちら

③『紫陽花』いろのみ/

引用元:amazon.co.jp

ピアノ・ギターと有機的なエレクトロニクスで日本の季節感や風土をピアノと電子音楽で表現する柳平淳哉と磯部優によるエレクロアンビエントユニット。今回は、シンガポールを拠点として活動するaspidistraflyとのコラボレーションした梅雨の季節に咲く『紫陽花』を選曲。吉祥寺・京都を拠点に「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル、涼音堂茶舗に所属している。アルバム『虹(2015)』に収録されている一曲。

詳しくはこちら

④『ある雨の日の情景』 吉田拓郎/

引用元:amazon.co.jp

1970年代初頭、まだフォーク・ロックがマイナーだった時期に日本ポップス界をメジャーに引き上げた歌手、吉田拓郎による曲。J-POPの原点と評されている『人間なんて(1971)』や『結婚しようよ(1971)』と一緒に収録されている。ひと昔前の街の風景を思い浮かびながら、出かけてみるとまたいつもと違った気持ちで雨の日を過ごせる感じがします。

詳しくはこちら

⑤『morning july/part2』AOKI, hayato/

引用元:grainfield.net

AOKI, hayatoさんは、ギター演奏を中心に活動する音楽家。神奈川県葉山「haco」で2006年7月18日の朝6時30分にスタートした「朝の音楽と朝食の会」のライブ演奏をもとに収録。一音一音丁寧に弾かれたこの曲は、ゆったりとした朝の時間を表現している。ぽつぽつ雨音で起きてしまった梅雨の朝は、AOKI, hayatoさんの『morning July(2008)』で一日をスタートしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

⑥『雨が映し出す物語』rain オリジナルサウンドトラック/

引用元:amazon.co.jp

2013年にPlayStationのゲームとして登場した『rain』のテーマ曲。数々の有名楽曲を提供する菅野祐悟さんがプロデュース。雨が振り続ける街を舞台にしたRPGは「雨が好きになるゲーム」として評価も高く、一度騙されたと思ってぜひ聞いていただきたい。

詳しくはこちら

⑦『Singing In The Rain(雨に唄えば)』Arthur Freed, Nacio Herb Brown /

引用元:amazon.co.jp

Gene Kellyを主演としたミュージカル映画『Singing In The Rain(1952)』の主題歌として親しまれている曲。憂鬱な気分になりがちな雨の日ですが、ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る名場面は、雨は幸せをもたらすきっかけとして描かれている。メロディーにあわせて思わず傘をクルクル、長靴で歩道をスキップしたくなります。原作は、1929年にArthur Freedと Nacio Herb Brownにより収録。

詳しくはこちら

⑧『Another Day Of Sun』La La Land Cast/

引用元:amazon.co.jp

2017年にアカデミー賞を受賞したミュージカル・ロマンティック・コメディ・ドラマ映画、『La La Land(2016)』のオープニング曲。自分の夢に向かってチャンスを掴もうとしている人が集まる街、アメリカ・ロサンゼルスが舞台。それはどこか私たちが住むトウキョウに近いところがあり、この曲を聞くと気分が乗らない雨の日も、前に突き進んでいく勇気をくれる気がします。

詳しくはこちら

⑨『Rainy Days And Mondays(雨の日と月曜日は)』Ann Burton/

引用元:amazon.co.jp

Burton for Certainのアルバムの邦題にもなっているCarpentersの「Rainy Days And Mondays」のカバー。週明けの月曜日と雨の日の組み合わせは特に憂鬱に感じる。Ann Burtonの落ち着いたアルト・ヴォイスは、しんみり雨の日を過ごしたい時にいかがでしょうか。『Rainy Days And Mondays(2003)』に収録。

詳しくはこちら

⑩『Laughter In The Rain(雨に微笑みを)』Neil Sedaka/

引用元:amazon.co.jp

Neil Sedaka自体あまり知られていないかもしれないが、『Laughter In The Rain』は、多くのアーティストからカバーされている。ラジオやカフェ、どこかで皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。1974年に収録されたオリジナルは、伝説的なサクソフォニストJim Hornのソロが聴きどころ。雨の日に感じる小さな幸せを教えてくれるような洋楽ポップ。

詳しくはこちら

どんよりした雨の日も、音楽を聴くとその日の終わりには笑顔が待っています。皆さんの雨の日のプレイリストにはどんな曲が入っていますか。好きな楽曲と一緒に、梅雨の季節を楽しんでください。

【haletto record, June】

(撮影協力/face records) 東京都渋谷区宇田川町10−2

金額など掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

この特集について

雨の東京ウィークエンド

毎日、雨の日が続きます。雨は夏前の潤いの源。5月の爽快さはありませんが目を閉じて耳を澄ませば、ぽつぽつと街を打つ雨音が心地よく聴こえます。 カフェの庭で雨を感じる。洗濯をしにランドリーに行く。心を静かに整えて、音楽を聴く。紫陽花を見つめ...

気になるコラム