【6/15-28】世界タパスデ―を記念して、東京のスペイン料理店で「タパスウィーク」が開催

2016年より毎月6月の第3木曜日に制定された「世界タパスウィーク」。この日には世界各国でタパスに親しむイベントが開催されています。

スペイン政府観光局が、「スペインの美味しく楽しいタパスの文化を日本に広め、実際に本場スペインで体験したいと思ってもらいたい」という思いから、東京都内の21店あるスペイン料理店で行われることとなりました。

タパスとは、スペインの小皿料理の総称のことで日本で言う「おつまみ」のようなもの。タパスのメニューは地域や店舗によっても異なります。オリーブやチーズ、生ハムなど調理せずに素材をそのまま提供するものから、スペイン風オムレツやアヒージョなどの温野菜まで。幅広く遊び心満載の創作タパスへと進化し続けています。お酒を片手にタパスをいただくことは、食を通じて仲間と楽しい時間を共有すること。おいしいものを少しずつ食べたい女性にぴったりのイベントです。

タパスウィーク

会期:2017年6月15日(木)-6月28日(水)
参加店舗:東京都内 スペイン料理21店舗
WEBサイト: http://www.spain.info/ja/world-tapas-day-tokio

編集/ライター

鳥取県生まれ、横浜育ち。暇さえあれば、旅行へ行きたい。おなかが空いたら、お肉で胃を満たしたい。好きなことは、ドライブ、牧場、カフェ、目覚ましをかけずに寝ること。

この記事が気に入ったらhalettoにいいね!
記事やイベントの最新情報を受けとろう

友だちのはなし

おすすめ記事