大人になってからのひな祭り。季節の行事を楽しむ女子会メニュー

本日のメニューのテーマは、「ひな祭り女子会」

雛人形を出し、お着物を着て、あられを食べたり、甘酒を飲んだりして楽しんだのも遠い昔。

大人になり、幼い頃のようにひな祭りをお祝いすることはなくなったけれど、3月3日が近づき桃の花がお店に増えてくると何故だかしっかり意識してしまう。

それなら大人女子だけで集まって、『大人のひな祭り女子会』をしてみませんか?簡単にできる、ステキなアイディアをご紹介します。

[1]お部屋に桃の花を飾ってみる

昔のように雛人形を出すことはもうないけれど、季節のお花を飾って彩りを添えませんか?
ひな祭りといえば「桃の花」。お花屋さんで買った桃の花を花瓶に飾り、雛あられをかわいらしいお皿に乗せるだけでも「ひな祭り」の雰囲気が出てきます。

季節のお花を飾れば、3月3日以降も素敵な気持ちが続きます・・・

[2]恋愛について考えてみる

ひな祭りの由縁は”女の子が健やかに育つようにお祝いするお祭り”。

子供だった頃はそんなに意識していなかった恋愛も大人女子には大切な要素の一つ。「最近恋していないな」という時には、みんなで恋愛映画を見て盛り上がってみるのもいいですね。

オススメの映画は、「セックス・アンド・ザ・シティ」や「そんな彼なら捨てちゃえば」。昔見たことがある映画でも、今見ると恋愛観の変化を感じるかもしれません。

[3]桃のデザートやドリンクを楽しむ

ひな祭りの別名は”桃の節句”。その言葉にちなんで、桃のデザートやドリンクを楽しむというのもステキですよね。

缶詰の桃を適当なサイズにカットして、シャンパンに添えてみるだけでもとってもおしゃれ♡大人女子ならではの楽しみ方ですね。

[4]ちょっとリッチなごちそうでディナーを。

ひな祭りと言えば日本ならではの和のお祭り。食事も合わせて、和風に演出してみませんか?みんなで手作りするのもいいですが、ちょっとリッチにデリバリーしてみてはいかがでしょう。

大人のひな祭り女子会を、盛り上げるのに欠かせないのがおいしい食事。そんなときにオススメなのはやっぱり「お寿司」ですよね♪

お寿司を注文する

季節の行事をきっかけに、新たな思い出を。

デリバリーしたお寿司もお皿に盛り付けてあげたり、雛あられ、金平糖を準備するだけで特別感がぐんとでます。

子供の頃に行っていたイベントが、ただの思い出になってしまうことも多いです。でも季節の行事を通して日本の四季やお祝いを感じることってとっても大切。ひな祭りをきっかけに、ただの女子会でもホームパーティーでもない、友達と集まる素敵な時間を過ごすことができたら、また新たな思い出となりますね。

みなさんも是非、大人のひな祭り女子会を企画してみてはいかがでしょう?

ひな祭りをお寿司で楽しむ!

特別な日は「銀のさら」でお祝いしよう♪

特別な日に、ちょっと贅沢をしたいなら、「銀のさら」がオススメです♪

お米、お酢、醤油、新鮮なネタと、ひとつひとつの工程に徹底的にこだわって作ってくれるので、まるでお寿司屋さんで食べているみたいに本格的なお寿司をおうちでいただけます!

皆さんも素敵なひな祭りを企画してみてくださいね♪

お寿司をもっと見る!

「ひな祭りのお寿司と言えば握りよりもちらし寿司」とこだわる人も。「銀のさら」ではちらし寿司を提供しているお店もあるので、こちらを一緒に頼んでみてもいいですね。

ちらし寿司をもっと見る!

〔提供元:株式会社ライドオン・エクスプレス〕

「haletto」はおでかけ情報マガジンです。

halettoでは毎週、東京近郊のイベント情報を配信しています。

haletto編集部とその「友だち」が大切にしている素敵な場所、愛しいモノや大切なコトを紹介します。私たちの「友だち」が見つけた発見(と大きな実り!)をどうぞ!