PR

大切な家族へ「おもてなし」をしませんか?子どもの思い出に残る、七五三の過ごし方

大切な家族と七五三のお祝いが楽しくなる過ごし方

突然ですが、家族や親戚へ最近「おもてなし」をしていますか?

もし、なかなか出来ていないのならこの時期にぴったりな「七五三」を通して子どもたちや姪っ子・甥っ子におもてなしをしてみましょう。家族のことをお祝いできる女性って素敵ですよね。

とはいっても、小さい頃にお祝いした七五三ってどんな思い出が残っているだろう。

着物をきてお参りをし、写真撮影をしたり家族みんなで外食したり・・そんな風景をイメージしますよね。でも子どもの頃の思い出って意外とおうちで起きた小さな出来事を覚えていたりするかも。

今回は自分の家族や親戚たちへの「おもてなし」として大人になっても思い出に残る、おうちで出来る素敵な七五三のお祝いの仕方をご紹介します。幼いときにしか体験できない、素敵な七五三をプレゼントしませんか?

[1]和風テイストにお部屋をデコレーション

まずはお部屋の飾りつけ。

七五三の和風なイメージに合わせて、和柄の折り紙や和紙を使って子どもたちと一緒にたのしく部屋を飾り付けしましょう。

最近ではあまり遊ばなくなった折り紙も子供たちにとっては新鮮で楽しい体験に!自分たちで作り上げていく過程はきっと子どもにとっては嬉しい思い出になります。

着物に欠かせないアイテムとして、かわいらしい髪飾りを一緒にプレゼントしてもいいですね。

[2]思い出に残る写真を撮ろう

せっかく着物を着ているなら、家族みんなで素敵な写真を撮りませんか?

最近ではfotowaやLIFESNAPなどプロのカメラマンが出張して撮影してくれるサービスが流行中!神社だけじゃなくお家でも撮れるのが嬉しいポイントです。

いつもはカメラ係のお父さんも、子どもたちの大切な日は一緒に写りたいですよね♪家族みんなで思い出に残る写真を、特別な場所で撮りましょう!

[3]子どもたちも喜ぶお寿司でわいわい食事!

写真撮影の後は待ちに待ったごはんの時間♪七五三の和風のイメージとお祝いに合わせて食事はお寿司にきまり。

今回ハレット編集部では、回転台にお寿司を小皿にわけて「回転寿司屋さん」を演出してみました♪おうちで簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!

七五三をお寿司でお祝いする!

特別な日をお寿司でお祝い

七五三といえば外食をする家庭も多いですよね。でも朝から着慣れない袴や着物を着ている子どもたちからするとずっと着物をきて外にいるのはちょっと大変かも。

お参りをして写真を撮った後は家に帰って、袴や着物を脱いでから食事をした方が子どもたちも大人もラクチン。そんなときは、準備いらずの出前寿司がピッタリ!

「銀のさら」なら、子どもたちも好きなネタを選べたり、「サビ抜き」のサービスもあるので、子どもたちも美味しくお寿司をいただけちゃいます!

お寿司をもっと見る!

サイドメニューには子どもたちの大好きな「竜田揚」や「手羽先」もありますよ。

サイドメニューをもっと見る!

「銀のさら」でお寿司を頼もう!

七五三みたいな特別な日は、みんな揃っておいしいごはんを食べるのが一番!
子どもも喜ぶ、「銀のさら」のお寿司を注文して、今年の七五三を子どもにとってステキな1日にしましょう。

注文はこちら

〔提供元:株式会社ライドオン・エクスプレス〕

「haletto」はおでかけ情報マガジンです。

halettoでは毎週、東京近郊のイベント情報を配信しています。

気になるコラム