和室を洋室にDIY!賃貸の畳部屋をフローリングにする方法

DIYで、もっと自分らしい暮らしをかなえよう!

すっかり身近になった「DIY(Do It Yourself)」。お気に入りのデザインでお部屋を飾ったり、毎日つかうアイテムにひと工夫してみたり。SNSで自分のお部屋を紹介する人やTV番組のお部屋改造など、手軽なものから本格的なものまで、幅広く楽しまれています。

こちらはタイルシールの使用例。毎朝こんな洗面台で身支度ができたら、忙しい時間もたのしくすごせそうですよね!

(こちらの記事は、2016年6月10日に公開した記事を2018年11月8日に更新いたしました)

接着剤や釘を使わないDIYなら、賃貸物件の退去時も安心!

賃貸物件では、跡がつくような接着剤をつかったり、釘で壁に穴を開けたり、物件自体に傷をつけることはむずかしいですよね。DIY賃貸・カスタマイズ賃貸と呼ばれる「セルフリノベーション」を前提とした物件も増えていますが、多くの物件は退去時に「原状回復」を原則にしています。

いまご自身が住んでいる賃貸物件ではどのくらいの改装が可能なのか、あらかじめ把握しておくと安心です!

参考:退去時に必要な「原状回復」についての記事はこちら

今回は退去時にも元にもどすのが簡単な、DIYレシピをご紹介します。

築年数の長い和室のお部屋は、インテリアがあわせづらい?

全室フローリングの新しい物件にくらべると、和室のお部屋は築年数が長いものも多く、お家賃も控えめのものが見つかることもあります。でも、流行りの北欧風インテリアのような、おしゃれな家具や雑貨に雰囲気をあわせようとすると、なかなか難しいですよね……。

その最大の原因は部屋の床に敷き詰められた「畳」ではないでしょうか。この畳をフローリングにできれば、お部屋が一気に洋室の雰囲気に。あこがれのインテリアにも、あわせやすくなるかもしれません!

【動画】和室が洋室になるまでのDIYの様子をご紹介

実際の作業のイメージをもつために、和室が洋室に生まれ変わるまでのDIYの手順を動画で見てみましょう! 畳が一面にひかれたお部屋も、床と壁に手を加えるだけで一気に雰囲気が変わりますよ。お部屋さがしの条件も広がりそうです。

それではここから、実際のDIYの手順をご紹介していきます!

畳をフローリングにDIY①接着剤不要。はめて置くだけのすぐれもの

今回使用したのは、株式会社友安製作所が販売している「クリックオンプレミアム(オフュミ)」。タイル側面の凹凸をはめ込みながら敷くだけで、簡単にフローリングの床が作れます! 接着剤などを使わないので賃貸でも安心して使えますし、一度使ったあとも再利用できちゃうすぐれものです。こちらのタイプ、素材ははっ水もできるPVC。ただのプリントではなくきちんとエンボス加工で凹凸のついた木目はナチュラルで、やさしい雰囲気がつくれます。
ワンセット12枚入りで、今回は約6畳のお部屋に9セット使用しました!

畳をフローリングにDIY②部屋の角から敷いていくと、仕上がりがきれい♪

パッケージから取り出したら、部屋の角から1枚ずつ敷いていき、下のタイルとかみ合わせて軽く押すことでしっかりロックされます。
畳の継ぎ目などの多少の段差があっても、敷いてしまえばまったく気になりませんよ! 「クリックオンプレミアム」は、中心に固い素材「グラスファイバー」が入っているので、毎日踏んでいるうちに湾曲していくのを抑えます。

畳をフローリングにDIY③余る場所はサイズを測って、印をつける

順番に敷いていくと、部屋の隅で余る部分がでてくることもありますよね。そんなときは、必要な部分を測ってボールペンなどでしっかり印をつけておきましょう。

次のページでは、壁とのすき間を簡単に埋めるDIYの方法と、気になる質問にお答えします!

12

気になるコラム