刺激もリラックスも欲しいなら!東京から1時間で行ける非日常体験スポット5選

毎日の生活に”非日常の体験”はある?

「せっかくのお休みだからリラックスして疲れをとりたいけど、でも刺激も欲しい!」平日は会社と家の往復、お休みの日はデートやお買い物…となんだかいつもと同じ毎日を過ごしていませんか?

つい口癖になっていませんか?

□「疲れた。」
□「何か楽しいことないかなぁ。」
□「刺激が欲しい!」
この3つの言葉。つい考えてしまうときってありませんか?

非日常を味わおう!

 

そんな方におすすめなのが自然の中での非日常の体験。今回は忙しい女性のために、1日だけのお休みでも充実した時間が過ごせるような東京都内から1時間以内で行けるスポットを厳選して紹介します!

自然の中で非日常体験をする!

[1]ぶどうの樹の下で食べる、おしゃれガーデンランチ

 

インスタグラムなどでよく見かける「#おしゃピク」や「#ガーデンパーティ」などのおしゃれな写真。素敵だなぁとは思うけどちょっとハードルが高くて自分じゃ実践しづらいなぁ、なんて方にオススメなのがココ!
場所は新宿駅から京王線に25分ほどで到着する仙川駅近くの「山内ぶどう園」。こちらでは採れたてのジャガイモを使った料理を、太陽とぶどうの樹の下で食べるという「ガーデンパーティ」が体験できます。揚げたてのポテトチップスや美味しい料理を自然の中で味わえるなんて素敵ですね。

■STEP1:ジャガイモを収穫しよう

まずは材料となるジャガイモの収穫から。土を優しく掘り起こしていくのがポイント。収穫したら、しっかり土を落としてあげましょう♪

■STEP2:いよいよ調理スタート

ジャガイモの下準備ができたら、いよいよ調理スタート。様々なジャガイモ料理を作ります♡メニューはマフィン、トルネードポテト、サワークリーム、ビシソワーズの中から好きなものを選べます。作ったポテトチップスはお土産として持って帰ることもOK。

■STEP3:ガーデンランチSTART

待ちに待ったガーデンランチのはじまり♪太陽の下でぶどうの樹に囲まれて獲れたて&出来立てを味わいましょう。
ここまでの所要時間はおよそ3時間。これだけの短時間で自然の恵みを自然の中で味わえるなんてステキな体験ですね。

こんな体験をもっと見てみる!

[2]人気の古民家でマクロビ料理

 

一度は耳にしたことがある「マクロビオティック」。玄米や菜食を中心とするこの料理は疲れた体を癒してくれる効果があります。そしてこの体験ができるのは千葉県流山にある古民家「カナルファーム」。上野駅から45分ほどで到着し「都心から一番近い森のまち」と呼ばれています。
最近では古民家カフェなど話題となっていますが、ここ「カナルファーム」は落ち着いた雰囲気の古き好き佇まいが、より一層癒やしてくれるスポットです。

■STEP1:カナルファームで野菜を収穫♪

まずはマクロビ料理の材料となる野菜の収穫。カナルファームでできる野菜を収穫。これからの時期はラディッシュ、レタス、ホウレンソウや小松菜など様々な野菜が採れます。

■STEP2:収穫した野菜で簡単料理教室

次はは古民家の軒下で料理教室。収穫した野菜を使ってポタージュやサラダと言ったマクロビ料理を作っていきます。ちなみにメニューは収穫した野菜によって異なるので、行くたびに新しい料理を覚えられます♪野菜の美味しい調理法などを丁寧に教えてくれるので料理が苦手な方も楽しく参加できます!

■STEP3:お土産のジャムも作ろう♪

料理と一緒に作るのはお土産の「ジャム」♪梅ジャムなど季節の果実を使ったジャムが作れます!明日の朝食まで楽しめる心遣いがうれしいですね。
料理の後は自分たちで収穫した野菜で作るマクロビ料理。その鮮やかな色合いは食欲をそそるはず。収穫から料理まで自然の中で行うことで、きっとリフレッシュした気持ちで食事が楽しめます。

こんな体験をもっと見てみる!

[3]素材から作る畑のティータイム

 

女子ならみんな大好きなパンケーキ。カフェで人気のメニューですが、今回紹介するのはちょっと変わったパンケーキを紹介。
吉祥寺駅からバスに15分ほど乗ると到着するのが「三鷹オーガニック農園」。ここでは畑で育ったオーガニック野菜でジャムを作り、焼きたてのパンケーキと一緒に味わいます。ドリンクは畑で育ったハーブから作ったハーブティー。
畑で穫れた食材を、畑で調理し、畑で味わう、という新しい体験です。

■STEP1:ルバーブ&ハーブ&イタリアン野菜を収穫♪

まずはハーブとやイタリア製の種で育てた野菜を収穫♪こちらのハーブはハーブティー、ルバーブはジャムに、野菜はイタリアンサラダに使います。通常のにんじんよりも小さくてカワイイですね。

■STEP2:ジャムを手作り♪

採れたてのルバーブとにんじんを使ってジャムを手作り。素材の味わいがあり、自然の甘みを感じられるジャムは、パンケーキにぴったり♡畑の中で調理するのも新鮮ですね!
ジャムはお土産としてお持ち帰りもOKです!

■STEP3:畑で優雅なティータイム♪

いよいよティータイムがスタート。摘み取ったばかりハーブで作るハーブティーや、採れたてのルバーブで作ったジャムをたっぷりと塗ったパンケーキ。畑に吹くそよ風に当たりながら食べれば、ステキなティータイムになること間違いなしです♡

[4]ブルーベリー狩りでオリジナルのブルーベリージャム作り♪

ちょっぴり甘酸っぱい味がクセになる、ブルーベリー♡そんなブルーベリーを思う存分楽しみたい方はこのプランがオススメ。
横浜にある虹色農園はまるでとなりのトトロの世界にやってきたかのような気持ちになれる農園。
ここではブルーベリーを収穫してその場でブルーベリーのジャムが作れるんです。他にも無農薬野菜を収穫して、ランチを作ったり大自然の中でナチュラルな味を思いっきり楽しんじゃいましょう♪

■STEP1:採れたてのブルーベリーでジャムづくり♪

無農薬で作られるブルーベリーはちょっと煮詰めるだけでこの色合いに。これだけでも十分美味しそうですね。作っている途中に味見ができちゃうのが虹色農園スタイル。クラッカーに付けて食べると格別ですよ。
ブルーベリー以外にも夏野菜もたくさん取れるので、ここでお昼ご飯の食材も一緒に収穫しちゃいましょう!

■STEP2:ブルーベリージャムの隠し味も収穫

甘酸っぱいブルーベリーをジャムにするには隠し味のレモンが必要不可欠。そのレモンも虹色農園で収穫可能。収穫体験ができる上にジャムの作り方まで学べるのは嬉しいですね。

こんな体験をもっと見てみる!

[5]浅草でオリジナルのハーブ石鹸作り

最近人気のオリジナル石けん作り。デートや女子同士で体験に行く方たちも増えていますよね。
好きなデザインや香りでオリジナル石鹸が作れる体験が実は浅草にあるんです。場所は東京メトロ銀座線「田原町駅」から徒歩3分ほどにある工房。初心者にもゆっくり丁寧に教えてくれるので安心して参加できます。

■STEP1:ハーブや天然由来の精油で石けん作り

手ぶらで体験できるのが石鹸づくりのいいところ。合成保存料や酸化防止剤を含まずハーブや天然由来の精油だけを使った石けんはとってもお肌に優しそう。
ゆったりとした雰囲気で始めるのがこの教室。好きな香りに包まれて、おしゃべりをしながらの作業はとってもリラックスできます。

■STEP2:カットもデコレーションも自由自在

好きな色やデザインにできるのも石けん作りの良いところ♪たくさんできるので友達にもプレゼンできそうですね。
石けんが固まるのを待つ間は参加者全員でのティータイムが♪お茶を飲みながら今日の感想を話し合ったり、石けんに関する質問を先生にしてみるのもいいですね。もちろん、出来上がった石けんはお持ち帰りOKです。

こんな体験をもっと見てみる!

TABICAで楽しむ、いつもと違う週末

いかがでしたか?とても都内から1時間以内の場所でできるとは思えない体験ばかりでしたね。何か新しいことを始めてみたいと思ったときは『TABICA(たびか)』というサイトを覗いてみるといいかもしれません♪

【終了】haletto×TABICA特別キャンペーン


ご応募してくださった皆様、ありがとうございました!
いつもと違った、非日常な体験をしたいのであれば、TABICAさんのサイトをチェックしてみてくださいね。

いろいろな体験が楽しめるTABICAって!?

今回紹介したTABICAとは「地域の暮らしを旅する」というコンセプトのサービス。東京から数時間で行けるスポットで出来る、様々な体験がたくさん用意されています。農業体験やDIYなど、今までやって見たかったけど、できなかったことを楽しむにはオススメのサイトです。今回紹介したもの以外にもたくさんあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

TABICAについて詳しくはこちら!

haletto編集部とその「友だち」が大切にしている素敵な場所、愛しいモノや大切なコトを紹介します。私たちの「友だち」が見つけた発見(と大きな実り!)をどうぞ!

この記事が気に入ったらhalettoにいいね!
記事やイベントの最新情報を受けとろう