【レポート】これでどこでもお店が開ける!ハレットで「モバイル屋台」をつくってみた!

第9回東京蚤の市

今回で9回目の開催になる東京蚤の市。
だいぶメジャーになってきて、今年も大勢の方がイベントに訪れていました!ハレット編集部も大好きな東京蚤の市で今回は自分達の「モバイル屋台」を作るため、ワークショップに参加させていただきました!
イベントが開催された2日間の天気も良く、大盛況でした!
イベントについては下記にリンクを貼ったので、気になる方は見てください!

なぜハレットがモバイル屋台を?

なぜハレットが「モバイル屋台」をつくるの?って気になる方へ。最近ハレットではねぶくろシネマなどのイベントに出店する機会が増えてきまして、ハレット編集部も自分達オリジナルの屋台を作って、皆さんを当日お迎えしたいなと思ったからです。

ワンタッチタープだけだとどうしても寂しいので、オリジナルのモバイル屋台を作ることにより、ハレット編集部がキュレーションしたおしゃれな雑貨や食べ物を置いたりしていきたいと思います。

今回はそんな憧れのモバイル屋台をYADOKARI小屋部さん、WOODROさんにDIYの基礎を教わりながら、モバイル屋台作りにチャンレンジしてきました!

 おしゃれなイベント会場やマルシェの会場でよく見かける、おしゃれな「屋台」。あれが自分でもし作れたら、すごく素敵なライフワークが送れると思いませんか?今回ハレットは5月に開催される東京蚤の市の中のワークショップで、屋台作りにチャレンジします。

ワークショップ開始!

STEP1:作業する前に完成形のイメージをみんなで共有!

思い思いの「ハレット屋台」の設計図を手に当日ワークショップに集合!

今回DIYの技術指導をしてもら建築家 兼 小商いの実践者「やきいも日和」 店主 チョウハシトオルさんとねぶくろシネマでおなじみ、YADOKARI小屋部の唐品知浩さんの指導のもと進めていきます!

まずは本日使うキットの説明!

WOODPROさんとYADOKARI小屋部さんが共同で開発した「小商い用モバイル屋台キット(組み立て式)」をベースに塗装したり、足場板を張ったりしてカスタマイズしていきます!

なんと屋台の設計&デザインは、チョウハシトオルさん自ら行ったものだそう!

モデルで既に完成している「モバイル屋台」を参考に、作業する前にみんなで完成形をイメージ!私たちが思い描くモバイル屋台ができるなんて、ワクワク!
イメージが固まったら、さっそくDIYスタート♪

STEP2:装飾する足場板をハレットカラーに!

ハレットのカラーが濃い水色に近い色なので、
白、緑、青の三色のペンキを混ぜて、ハレットカラーのペンキを作りました!
三色をムラがないように混ぜて、ハレットカラーのペンキが完成!
足場板にスポンジローラーでハレットカラーのペンキ塗っていきます!
塗り方にわざとムラをつけたり、しっかり塗ったりと分けることで完成品にも強弱がついてより良くなるんだそうです。

STEP3:タイヤの準備

タイヤのホイールは、色が長もちするようにと、錆防止をするためにプライマーサーフェイサーをスプレーしてから、カラーのスプレーを上から塗っていきます!

タイヤのホイールを組み合わせ、タイヤに空気を入れて完成!

STEP4:屋台の組み立て開始!

タイヤや装飾の準備ができたら、今度は「小商い用モバイル屋台キット」の組み立てを開始!
はめ込み式で、ねじの打ち込みなど必要ないので、女性でも簡単に組み立てられます!
はめ込んでいくだけで、みるみるうちに屋台の土台が完成!

STEP5:装飾開始!

土台ができたら、今度は先ほどハレットカラーで塗装した足場板で屋台の装飾のデザイン決め!

ひとつひとつ足場板の木目の形やテクスチャーが違うので、いい板の組み合わせを検討!

細部までこだわりを見せるところがさすが編集長!

 

足場板を選び終わったら、電動のこぎりで板のサイズを調整!

工具の使い方をチョウハシトオルさんに教わりながら、手分けして装飾の作業開始!

先ほど決めた場所に、足場板をボンドとタッカー(木材に打てる建築用の大きなホッチキス)を使用して固定していきます!

STEP6:ハレットのロゴを切り抜く!

仕上げのロゴは木の板から切り抜いて作りました!

電気のこぎりを使用する作業だったので、ここはチョウハシトオルさんにお願いしました!

さすがプロの技!
板一枚からハレットのロゴが完成!
切り抜いたハレットのロゴは、ロゴのカラーの白を塗って完成!

「ハレット屋台」完成!

手書きで書いた「ハレット屋台」が形になった瞬間はみんな笑顔で拍手!
ご協力いただいた、YADOKARI小屋部さん、WOODPROさん、そして当日一緒にワークショップに参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

場所を問わず、「ハレット屋台」で素敵な体験を皆さんに!

今回「ハレット屋台」を作った目的は、ウェブメディアのハレットがインターネット上だけで情報発信をするのではなく、リアルな場所でも素敵な週末の過ごし方を発信できたらと思い、ワークショップに参加させていただきました。

「ハレット屋台」のこだわりとしては、表(お客さん側)をその日のメニューやメッセージが書ける用に、黒いチョークボードになる塗装をしました。イベントのテーマに合わせて、カスタマイズしていきます♪

そしてこのモバイル屋台、実は分解が可能で、家では分解して収納ができて、イベント時には乗用車で運べるサイズに設計されていて、どこにでも持ち運びができます!ねぶくろシネマや今後開催していくイベントは「ハレット屋台」で皆さんをお待ちしてます!

「モバイル屋台」で夢を叶えてみては?

当日参加していた人達の中には私たちのように、イベントに出店するためにモバイル屋台を作っていた人もいましたし、カフェのオーナーへのプレゼントとして屋台を作っているカフェのお客さんたちもいらっしゃいました!

オーナーさんもこんな素敵なプレゼントがいただけたら嬉しいはず!お店の前においてイベント時やお客さんとより近くで接客するのにぴったりですね♪

設計図に書いていたものを自分の手で一から形にしていくから愛着がわくDIY。
皆さんも唯一無二の「モバイル屋台」を作って、夢を叶えてみてはいかがでしょうか?

YADOKARIは、ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウス/コンテナハウスを通じ暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。
企画営業・編集

横浜生まれ、アメリカ西海岸育ち。西東京と東東京に住んだ今、逗子・鎌倉エリアに移住を検討中。晴れた日は、ピストバイクで都内をクルージング。趣味はロボットダンス。

カテゴリ―新着記事